朽木満月の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 4 1116字 279.0字 50.0%
総合 4 1116字 279.0字 50.0%

ユーザーアイコン
作者:朽木満月 お題:男同士の彼 制限時間:15分 読者:223 人 文字数:75字
ぬくもりなど必要ないと考えていた。だって感じないのだから。所詮人形でしかないのだ、俺は。ご主人様は既婚だし、そもそも俺の事など眼中にないだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:朽木満月 お題:弱い冬 必須要素:夏目漱石 制限時間:15分 読者:213 人 文字数:281字
秋色の娘が居た。手に持つは夏目漱石の文庫本。彼女の目の前に横たわる娘、銀髪の娘。「そろそろ、出番よ冬。早く起きなさい」冬の少女は少し寝返りを打ってまた眠る、返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:朽木満月 お題:刹那の即興小説 制限時間:15分 読者:260 人 文字数:344字
そこに車乗りがいるだろう?彼は車でいかに、早く走れるかを突き詰めるために生まれてきた。あそこにはスナイパーがおるじゃろう?いかに一瞬のタイミングを逃さずに獲物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
崩れてしまえ ※未完
作者:朽木満月 お題:壊れかけの門 必須要素:三角関係 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:416字
気づけば崩れ落ちる世界、取り残されしは三人。戻した世界と終わる世界の狭間。「ねえ、帰れるのかなぁ」人形は言う。「無理でしょうねえ、誰かが犠牲にならなくてはね」 〈続きを読む〉