くまの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 21 22410字 1,067.1字 100.0%
30分 30 51350字 1,711.7字 100.0%
1時間 29 112884字 3,892.6字 100.0%
2時間 2 9133字 4,566.5字 100.0%
総合 82 195777字 2,387.5字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:くま お題:かっこ悪い復讐 制限時間:30分 読者:99 人 文字数:2084字
この世の全てだって、あの笑顔には代えられないと思っていたが、案外そんなこたないのかも知れないと思ってしまった。こうも自分勝手に振舞えるのは結局、愛が深かったか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くま お題:団地妻の道のり 制限時間:30分 読者:214 人 文字数:1796字
たまの休みにはお散歩を、と主人は言った。 だからというわけじゃないが、毎日休みのような私は毎日のようにお散歩を、ダイエットや気分転換を兼ねて一日一時間ほど行う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くま お題:昨日の机 制限時間:30分 読者:198 人 文字数:2076字
朝日に照らされてカピカピになったケーキに埃が落ちるのを見ていた。 目覚ましのアラームより少しだけ早く目が覚めた。昨日の自分が規定した朝の時間に少しだけ猶予が加 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くま お題:走るサーカス 制限時間:15分 読者:225 人 文字数:1147字
酔いつぶれて化粧も落とさないまま茂みの中で寝ていた。危うく犬にマーキングされそうになったのを辛うじて察知して飛び起きると、世界はすっかり朝で、あたりはすっかり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くま お題:おいでよ朝日 制限時間:15分 読者:205 人 文字数:1167字
今日も起きたら昼だった。目覚めた瞬間が昼だとイマイチ面白くない。夏の昼ならばまだ見どころはあるが、冬の昼には何の魅力もない、と僕は思う。だけど冬の朝は好き。冬 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:くま お題:怪しいガールズ 制限時間:15分 読者:235 人 文字数:978字
そっと横目で彼女たちを捉える。正直、僕が彼女たちに抱いている怪しさには何の確証もない。だけどこれは当たっていると思う。僕が言うのだから間違いはないだろう。僕は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くま お題:刹那の諦め 制限時間:30分 読者:247 人 文字数:1542字
ギリギリと軋む音を君の笑顔に見た気がする。気力がちぎれそうな感覚を覚えた気がする。確証はないけど、引っ張っても動かないような気がした。気のせいじゃない気もした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くま お題:僕の嫌いな錬金術 制限時間:15分 読者:274 人 文字数:928字
布団に軽くダイブして舞い上がる埃の匂いを嗅いでいた。ここには穏やかな時間が流れている。限りある時間を幸せに替えて過ごしている。ような気がする。この布団がとにか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くま お題:恥ずかしい喜び 制限時間:15分 読者:356 人 文字数:1030字
「やっほー」 コンビニで立ち読みをしていたら立花さんに声を掛けられた。「あ、おおう、おっすおっす」 あまりの幸運にたじろいでしまう。一人で出歩いている時は基本、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くま お題:真紅の怒りをまといし超能力 制限時間:15分 読者:380 人 文字数:1094字
冷水が体を叩く。びしゃびしゃびしゃ。この季節は奴らが憎くて仕方がない。流動的な体をしているからどこに怒りをぶつけていいかわからないし、むしろ俺がぶつけられてい 〈続きを読む〉