しろのさくらの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 55 25274字 459.5字 70.9%
30分 8 4849字 606.1字 87.5%
総合 63 30123字 478.1字 73.0%

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:死にかけの息子 必須要素:出会い系サイト 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:564字
数年前に夫の連れ子として息子とは出会った。はじめは警戒して私と話そうとしなかったが、私は根気よく息子に話しかけた。そうするうちに、息子も次第に私と話しかけてくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:大きな百合 必須要素:CD 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:366字
彼氏と喧嘩をした。どっちが悪かったと微妙だ。彼氏はやや勝手だったし、私は心が狭すぎた。CDからは曲が流れる。恋人への切ない思いを歌った曲だ。普段は聞き流している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:夏の就職 必須要素:グーグル 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:381字
夏に就職した。グーグルで探して見つけた会社だ。事務の仕事に就いた。夜、ひんやりとしたクーラーの風の中、同僚の女と作業をしていると、突然部屋が停電した。「あれ?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:遠い時雨 必須要素:バナナ 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:371字
時雨の時、雨はざあざあ降っているのに、その音は遠く感じた。ひんやりとした風が頬を撫でる。悲鳴が聞こえる。私は目を閉じた。私は目を覚ました。階段から落ちた私に家族 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:賢い夕飯 必須要素:正月 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:418字
正月だというのに結婚式を挙げるという非常識なことをしている兄夫婦。当然ながら人は少ない。来ている客もなんとなく不満そうだった。最悪だったのが、合唱サークルに入っ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:かゆくなる悪魔 必須要素:九州 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:492字
九州で悪魔による病気が流行った。全身が痒くなるのだ。それによりいつでもどこでも体を引っ掻きたくなり、それにより皮膚は血だらけ。仕事や学校生活もままならないと事態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:紅茶と絶望 必須要素:やかん 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:384字
私は絶望した。やかんにお湯を入れたと思ってしばらくまったら火がついていなかった。・・・という昨日の出来事よりも絶望した。ラーメンの固い麺を器に入れ、お湯を注いだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:オレだよオレ、サラリーマン 必須要素:あげぽよ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:595字
「オレだよオレ、サラリーマン」夜、一人で残業しているときにそんな電話がかかってきた。俺はキレた。「名前ぐらい覚えろよ!このオレオレ詐欺師!」「違うよ」電話の相手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:難しい葬式 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:348字
この葬式は大変だ。私は思った。大富豪だった祖父の愛人たちが一つの部屋、葬儀場にいるのだ。最近始まったドラマみたいだ。私は心の中でため息をついた。祖父には5人の愛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:飢えた天井 必須要素:ラー油 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:491字
真夜中、ロウソクがついただけの部屋で10人が100物語をしていた。男9人、女1人のグループだ。各自覚えている話、あるいは持ってきた怖い本を読んで怖い話をする。「 〈続きを読む〉