r_pentaの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
30分 26 55868字 2,148.8字 96.2%
1時間 2 6288字 3,144.0字 100.0%
総合 28 62156字 2,219.9字 96.4%

ユーザーアイコン
作者:r_penta お題:同性愛の子犬 制限時間:30分 読者:237 人 文字数:1820字
散歩をせがんで来る、そいつはもう成犬になって久しい。もう数年もすれば、中年の域に片足を突っ込み、そして私が無駄に日々を捨てて行くうちに、彼は齢を重ねていつか伏 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:r_penta お題:無意識の人間 制限時間:1時間 読者:390 人 文字数:2994字
祝祭日だ。 私は、その日が何を祝う日か知らない。だが、人々のざわめきと、一つのリズムを打つ雑踏とを、鼓膜の奥で感じていた。 太鼓の音は、建物の壁を反射して、空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:r_penta お題:意外!それは妹 制限時間:30分 読者:290 人 文字数:1851字
僕自身が人間であることを疑わないとするならば、当然僕の妹も、人間と言うことになるはずだが、そういう理屈はもしかしたら僕が考え出した屁理屈なのかもしれない。 宇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:r_penta お題:官能的なピアノ 制限時間:30分 読者:358 人 文字数:1544字
鍵盤を備えた、黒く艶めいた塊が少年の心を魅了した。店の下男は、仕組みは琴によく似ている、と言った。だがその音色にはあの恨みがましい湿り気は感ぜられず、彼の心を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:r_penta お題:初めての神話 制限時間:30分 読者:292 人 文字数:1506字
生まれたとき、何を考えていたろう。私の天上で、二つの雲の姿をした陰と陽が渦巻き、そのしずくが額に落ちて、私は目覚めたのだ。 だが、歌はそのとき生まれたのではな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:r_penta お題:純白の痛み 制限時間:30分 読者:321 人 文字数:1572字
失う事を恐れて、何も手を出す事が出来ずに、私自身はいつまでも純粋で、きれいで。だからいつまでも、笑っていなければならない。 誰かが苦しむその傍で、私はいつも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:r_penta お題:彼の国 制限時間:30分 読者:395 人 文字数:1921字
ブロックを詰んで作った、その小さな領内に、王様と王女様を置いて、一つの生命が生まれるように、人民達が働き始めた。 ブロックは変幻自在な有機体で、城壁はやがてツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:r_penta お題:簡単な粉雪 制限時間:30分 読者:380 人 文字数:2018字
シュガーパウダーを使う。お手軽な手作りだった。お菓子の家まで器用に作ったのは良かったが、そこで気力が尽きた。小さなビスケットが一盛、残った。「明日の朝食にでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:r_penta お題:すごい「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:354 人 文字数:1921字
困った事に、彼自身の選択は間違ってしまったようである。そうでもなければこんな場所で、彼が途方に暮れて立ちつくすという事態は起こり得ないのであるから。ともすれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:r_penta お題:灰色の真実 必須要素:哲学的な思想 制限時間:1時間 読者:384 人 文字数:3294字 評価:3人
世界が見える所までしか存在しないと、彼がどこかで読んだような言葉をこぼした。 その理論はとっくに破綻しているんだ。と私は心の中で思う。 少なくとも、私たちが生 〈続きを読む〉