破死竜の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 214 173908字 812.7字 99.1%
1時間 1 1714字 1,714.0字 100.0%
総合 215 175622字 816.8字 99.1%

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:危ない関係 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:752字
関八州に仇為す者。 東京五輪の会場の内、最初に気が付いたのは、ボート競技の参加者たちであった。 「おい、波の様子がおかしいぞ」 審判員に、英語でそう告げる各国 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:打算的な電撃 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:892字
「えー、金取るのー?」 「当然です。プロですから」 通電士の仕事は不定期だ。 ・・・・・・と、世間一般では思われているが、実はそんなことはない。例えば、エアコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:誰かはクレジットカード 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1037字
必要なときだけつかい、気が付けば期限が過ぎ、別のところからツケが回ってくる。 そうやって考えると、教師なんて職業は、クレジット・カードなのかもしれない。 「嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:赤いぐりぐり 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1145字
小学生の時分、校内にウワサが流れた。 木造旧校舎に、赤い扉が開く、というものだった。 今思えば、あれは、男の子たちに話しかける理由作りに、女の子たちの誰かが考 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:商業的なぬるぬる 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:901字
韓国などでは、蝸牛を使うそれがあるらしい。 日本でも、そういえば、海藻を使っていたか。 「なんの話?」 「ぬるぬる」 江戸時代から、生物由来のぬるぬるは、肌な 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:官能的な小説修行 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1121字
一般受けする、つまり、大ヒットする小説は三種類の要素のいずれか若しくは、複数を抑えているものだという。 それらの要素とは、 ・泣かせる ・勃たせる ・笑わせる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:見知らぬ幻覚 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1196字
「するってえと、なにかい? アンタはこのオレの幻覚だってのかい?」 「わからんヤツだな。お前自身だ、とそう言っているのだ、私は」 『鏡に、「お前は誰だ」と話し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:燃える検察官 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:669字
「検察官の上司とかけて、夜の新婚妻と解きます」 「そのこころは?」 「『たてろ、たてろ、と、五月蠅い』」 「わはは」 笑っている場合ではなく、今日も、俺は追い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:僕と大学 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1089字
中に入っても、全体像が掴みにくい。 それが、大学である、という感想を読んだことがある。 確かに。 しかし、その理由は何だろうと考えてみて、同じく、大学について 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:近い靴 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1254字
ハイヒールの踵で踏みつけた痴漢の足の甲が、鉄板かと思うほど固くって、危うく足首を捻挫しそうになって、私は振り向いた。 「なんさらすんじゃコラ」 昆虫マークの引 〈続きを読む〉