まろやかに傾く人の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 205 62923字 306.9字 96.6%
30分 12 7479字 623.3字 100.0%
1時間 1 658字 658.0字 100.0%
総合 218 71060字 326.0字 96.8%

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:名付けるならばそれは花 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:120字
地に咲き踏みつけられても天に向かってまっすぐに伸びる。 ほのかに香る甘い匂いと、美しい蜜。 多くのものをひきつける魅力にあふれるがゆえに飾られることもあるし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:求めていたのは土 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:331字
例えば宇宙で命が生まれたとしたら。 その生物には当然栄養が必要になるため、餌のある場所への移動手段が必要になる。 地球とは違い、どこにあるのかもわからない餌を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:素晴らしい接吻 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:538字
きっとこれは夢なんだ。 だって、あの山崎君が私に向かってキスをしてくるなんて――――。 当然のごとく夢でした。 正直、夢を見ながらこれは夢だって自覚するレベル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:やわらかい彼女 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:408字
人口の9割がロボットであるこの世界で俺は働いている。 内容は書類仕事だが、正直いって俺よりもロボットのほうが効率的だ。 それでも会社が俺を使うのは、人類保護プ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:不屈の電話 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:239字
もう2日以上家の電話が鳴り続けている。 誰からの電話だろうか? 借金取り、会社の上司、大家、いずれにしろろくでもない奴らからだろう。 すでに自殺したというのに 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:ダイナミックな食事 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:376字
世の中の人間は怠惰に過ぎる。 食とは、本来そのものが生きるはずだった命を摘み取り己の血肉とする行為。 にもかかわらず他者が終わらせた命を感謝もせずに食す者のな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:名前も知らない料理 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:321字
これでも食にはうるさいほうだと思っていたのだが、その日出されたのは名前も知らない料理だった。 まず材料からしてわからない。 肉は苦味が強いがタレと混ぜることで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:去年のむきだし 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:210字
人間やったことを忘れることは多々あると思う。 誰かとの約束や、荷物をカバンに入れることなど、多くのを忘れるがたいていのことは何とかなる。 そう、たいていのこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:楽しかった屍 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:367字
今日1日はいつもと変わらぬ日だったが、とにかく何にでも感動した。 朝、食パンにバターを塗って食べるとそのおいしさに涙がこぼれた。 外に出ると太陽が頭の上で輝い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:俺は「うりゃぁ!」 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:296字
目の前に俺がいる。 右手を上げれば目の前の俺は左手を上げ、困った顔をすれば目の前の俺も困った顔をする。 それも当然で、目の前の俺は鏡1枚隔てて存在するのだ。 〈続きを読む〉