制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 1 873字 873.0字 100.0%
30分 13 24126字 1,855.8字 92.3%
総合 14 24999字 1,785.6字 92.9%

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:ぐちゃぐちゃの魔王 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:873字
落ちる角、千切れた右腕、あふれる鮮血――。それは赤い雫となって浄化され、切り離されたそれらの部品は光の粒子となって消えていく。しかし同時に左腕の爪が勇者の脇腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:燃える幻覚 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:2024字
例えば。 過去に火事に遭い、それが原因で家族または親しい誰かを失ったとしよう。その記憶は脳内にトラウマとして刻み付け、『火』に対して極度の恐怖感を植え付ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:打算的な会話 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1908字
「8月って、休日少ないですよね」 いつも通りの3人が隼の家に集まって各自やりたいことを静かにやっていると、突如隼がぼやいた。朝熊、谷川は俄然手持ちのpspから目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:騙された独裁者 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1682字
さて、どこから話していけばいい? そうだな、谷川が車拾ったとか言い出し始めたころからが一番良いだろう。 日曜日の或る日。朝熊と隼は谷川という同級生兼腐れ縁のエ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:経験のない夜風 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:2045字
朝熊は人知れず夜道を歩いていた。頭上に広がる天体は昔も今も変わらずそこにある。大昔、そこには星になぞられた数々の神話が創作され存在し、大きな物語の盤上となって 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:オチは年賀状 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1832字
あけましておめでとう、を英語的なアレに訳すとハッピーニューイヤー! となるらしい。直訳紛いのことをすると、『幸せな新しい年』となるわけで、ニュアンス的には年末 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:嘘の尿 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1268字
「ここに尿があります」 透明な使い捨てのプラスチックのコップがテーブルの上に置かれていた。若干シュワシュワと泡立っているし、レモンの香りが微かにする。「いや、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:箱の中の草 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1819字
ある日、公園のベンチに置かれていた黒い箱を見つけた。それはポツンと建つ街灯に照らされ、夜の色に溶かされているにも関わらず、はっきりと存在が浮き上がっている。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:遅い夢 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:1483字
カラスが鳴いた。 一歩一歩足を進めるたびに、暗く枯れたオレンジ色の絨毯のように地面を隠している落ち葉のくずが、サンダルの中へ侵入してきて気持ちが悪かった。カラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シガラキ@紫香楽 司 お題:俺は葬式 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1788字
肌寒くなってきた秋の暮れ、11月。もうすぐ白い雪をバックに鈴の音と愉快な音楽が街をとどろかせるお祭りがやってくると思うと、なんだか切ない気持ちになる。 あまり 〈続きを読む〉