さとりっくの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 1 110字 110.0字 0.0%
30分 5 2396字 479.2字 60.0%
総合 6 2506字 417.7字 50.0%

ユーザーアイコン
作者:さとりっく お題:女同士のカップル 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:789字
彼女のえくぼを見たときから、僕は恋の奈落へと真っ逆さまに落ちていた。こんな気持ちを女性に持つなんて生まれて初めてのことだった。彼女は僕の見てくれにいぶかしむこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さとりっく お題:それいけ四肢切断 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:149字
だるま祭りじゃ。だるま祭りじゃ。振る袖なければ、手を落とせ。草鞋なければ、足を切れ。そうすりゃ足は出ることないし、欲しいものにも手は出ない。だるま祭りじゃ。だる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さとりっく お題:赤いガールズ 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:748字
「今ので最後か」顔に付着した血飛沫を真里亞はそっと撫でる。既に固まっていた血液がパラパラと削ぎ落とされ、真里亞の白い地肌が露わになる。「みたいですね。随分時間が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
戦場の死神 ※未完
作者:さとりっく お題:消えた電撃 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:416字
戦場を満たしていた爆発音が嘘のように霧散し、あたりはただ静寂に包まれていた。「撃ち方やめー!」分隊長がヒステリック気味に叫ぶ。蓄えた髭の先端は、心なしかいつもよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さとりっく お題:冷静と情熱の間にあるのは宴 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:294字
ただ、酒が好きだった。ふとした瞬間、学生時代に過ごした研究室の薬品の匂いを思い出す。その中で飲む酒には他人には言い知れない深い趣があった。あいつは今どこで何をし 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
ひとつの信念 ※未完
作者:さとりっく お題:不屈の「えいっ!」 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:110字
会場中の闘気がライトに照らされたリングへと集まる。防衛戦が遂に始まろうとしていた。無敗を誇るチャンピオンは、相手への敬意を忘れないことで有名だ。それは、若くして 〈続きを読む〉