Yokobayashi Daidaiの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 28 22381字 799.3字 100.0%
30分 71 98421字 1,386.2字 100.0%
1時間 4 9358字 2,339.5字 100.0%
総合 103 130160字 1,263.7字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:悲観的なモグラ 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:722字
かけらを紡ぐ。かけらを紡ぐ。冷たい土の中。泳ぐようにモグラが進む。いつか出会える、運命のために。孤独な作業には、いつだって希望があった。鼻歌ばかりが上手くなって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:暗い雑踏 制限時間:1時間 読者:89 人 文字数:1341字
「暗い雑踏じゃん、世界とかもう全部。そういうニコヤカな価値観っていうの?それは、もう洋画のハッピーエンドしか存在しないと思う訳。雑踏の中に埋もれていって、たぶん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:猫の想い 制限時間:1時間 読者:114 人 文字数:2469字
オス猫は、近所の大型ショッピングモールで手に入れたブルゾンにうずくまる。メス猫が、とても似合うと言ってくれた焦げ茶色。何年も何年も、ずっと。郊外の地方都市は何だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:失敗の計画 制限時間:30分 読者:92 人 文字数:1272字
落研の部室。「扇子のセンスがない」「おっ、うまいですねえ、兄さん」「いや、ちゃうねん。今のは偶然がそうなっただけの産物やねん」「流石、兄さん。笑いの計画はもれな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:正しい王 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:1227字
王は自分が正しいと信じて疑わなかった。自らの判断が絶対であると国民たちに告げ、国民たちも王の言葉に従い続けた。自分の正しさを誇示するためならば、子どもであろうが 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:薄汚い電話 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:1030字
私の彼氏は、まめに電話をくれる。留守電。「どうも、真です。うん、仕事お疲れさま。コンビニで沙希が好きそうなスイーツの新商品売ってたから買っておいたよ。また食べて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:日本式の独裁者 制限時間:30分 読者:83 人 文字数:1103字
「申し訳ありません」土下座をする男がいた。「本当に申し訳ありません」額を床に擦り付けている。とある応接間。高級そうな絨毯は、まさか自分の上でこのような光景が繰り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:愛と死の空想 制限時間:30分 読者:125 人 文字数:1603字
Mステを見ている。「……」「……」兄と妹。「……」「……」互いにカップ麺を啜る。「……」「……」干渉しないように。「……」「…ジェネ、新曲かっけー」兄は、細長く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:愛、それは墓 制限時間:30分 読者:94 人 文字数:1142字
「愛の名言を捧げたいのである」「きっしょ、文末、きっしょ」「あ、もういいや。今日せっかくエロい下着履いてきたのに」「あ、嘘。知的。名言とか、知的すぎるわ」「とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:昼間の雨 制限時間:30分 読者:116 人 文字数:1083字
昼間の雨は憂鬱で、すぐに二人は近くの喫茶店へ入った。「せっかくの正装なのに」「天気予報、今日くらいは嘘ついてほしくなかったよなあ」結婚式のパーティドレス。私はベ 〈続きを読む〉