yokobayashi daidaiの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 28 22381字 799.3字 100.0%
30分 71 98421字 1,386.2字 100.0%
1時間 11 24447字 2,222.5字 100.0%
総合 110 145249字 1,320.4字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:yokobayashi daidai お題:部屋とYシャツと男の子 制限時間:1時間 読者:48 人 文字数:2016字
「なあ」「なんだよ」「アンサーソングって知ってる?」「なにそれ」「例えばユーミンで言ったらな」「うん」「『DOWNTOWN BOY』って曲なんだけど」「知ってる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yokobayashi daidai お題:猫の声 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:2014字
誰かにばれたら終わりだね。 ここからは二人だけの世界だね。 夜の闇に紛れてしまえば、僕と君の姿は見えないだろうから。 君の世界に憧れて、君のようになりたいと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yokobayashi daidai お題:くさい正義 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:2045字
古びた机の隅。鼠色の埃がふわふわと平面を這う、その中。小さく丸まった僕の前に、君はごろりと転がり込んできた。ざらざらとした僕にはない、白い肌質。机上の引き出しの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yokobayashi daidai お題:近い喜劇 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:1596字
「いいバーだな」「いいバーでしょ」 駅前のバー『Proche comédie(日本語で近い喜劇)』は今日も人でにぎわう。「いやあ、本当いいバーだわ」「ね」「お前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yokobayashi daidai お題:僕の好きな壁 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:2303字
文化としてアニメのポスターやフィギュアを飾る層が一定数存在することは知っていた。 しかし、だ。「あのさあ。」「うん。」「部屋誘ってくれたの、そっちだよね?」「 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:yokobayashi daidai お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:125 人 文字数:2076字 評価:1人
近所の誰かとすれ違う瞬間が一番嫌いだ。 私の暮らす団地の階段は小さい。 お互いに気を使いながら「すみません」なんて言って体を避けながら通るのが苦しくて、私はあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yokobayashi daidai お題:ひねくれた整形 制限時間:1時間 読者:126 人 文字数:3039字
母が整形してキュアブロッサムみたいになりたいと言い出した。「……」「……」 築40年を超える木造の二階建て。一階にある小さなキッチンには沢山の思い出が詰まって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yokobayashi daidai お題:悲観的なモグラ 制限時間:30分 読者:130 人 文字数:722字
かけらを紡ぐ。かけらを紡ぐ。冷たい土の中。泳ぐようにモグラが進む。いつか出会える、運命のために。孤独な作業には、いつだって希望があった。鼻歌ばかりが上手くなって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yokobayashi daidai お題:暗い雑踏 制限時間:1時間 読者:209 人 文字数:1341字
「暗い雑踏じゃん、世界とかもう全部。そういうニコヤカな価値観っていうの?それは、もう洋画のハッピーエンドしか存在しないと思う訳。雑踏の中に埋もれていって、たぶん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yokobayashi daidai お題:猫の想い 制限時間:1時間 読者:232 人 文字数:2469字
オス猫は、近所の大型ショッピングモールで手に入れたブルゾンにうずくまる。メス猫が、とても似合うと言ってくれた焦げ茶色。何年も何年も、ずっと。郊外の地方都市は何だ 〈続きを読む〉