の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 154 80526字 522.9字 31.8%
30分 1 492字 492.0字 0.0%
総合 155 81018字 522.7字 31.6%

ユーザーアイコン
作者: お題:安い正義 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:448字
正義は実に芳醇な美酒だ。 ひとを暖め、その心を救い、国々をも動かし(良くも悪くも)、善き酩酊に誘い、人生を明るく感じさせる。 誰だって、自分の小さな冷蔵庫にい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:100の門 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:468字
そのドワーフの王は、錠前師の血を継いでいた。 あらゆる金銀宝石を奉る彼らの一族においては、鍛冶よりも細工よりも、鍵と錠前がもっとも珍重された。どんなに貴重な宝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:明日の百合 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:811字
蕾のままで二十年、K氏の庭の百合は動かない。 今にもほころびそうに柔らかく開きかけた花弁と花弁の隙間から、鮮やかな赤い花粉さえ微かに見えるのに、いったい何が気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:静かなパイロット 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:723字
この舟は、彼の眼差す方へ進む。 そのように作られたのだと、小さな頃に聴いた。 操縦席は一般開放されている。 周囲を窓でぐるりと覆われた、展望の良い場所だ。操縦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:たった一つの解散 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:507字
最期まで誰にも気づかれることはなかった。 ごくごく平凡な会社員として五十歳まで穏やかに生きた男は、急性の病に倒れてからあっという間に生涯を終えた。彼の葬式もご 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:彼女が愛したいたずら 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:507字
私、決めた、もう二度と人間に生まれ変わったりしない。 彼女は晴れやかな笑顔でそう宣言した。入水してから30分後、互いに生き絶えてからのことだった。真冬の夜、薄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:彼の奈落 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:670字
穴があったら入りたい、という願いの成就はなかなか難しい。 この時代、特に都市部では、土という土はアスファルトで塗り固められ、ちらほらと残る植え込みもすでに街路 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:嘘のサーカス 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:269字
実用テストをパスできなかった試作品。 一度もメンテナンスされることなく廃棄された義体。 時代遅れの型番落ちとして倉庫から大量に放出されたアンティークたち。 投 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:僕が愛した湖 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:345字
僕の国では夜のことを風と呼ぶ。 そして逆に、風のことを夜と呼んでいる。 昔はきっとあべこべでなく、夜は夜、風は風だったのだろうけど、誰かが言い出した比喩があま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:メジャーな妹 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:461字
妹が生まれたとき、お祝いにやってきた妖精たちは、皆それぞれ個性豊かな祝福と呪いを授けていった。我が家は普通の一般家庭だったから、お伽話に語られる王家のお姫様に 〈続きを読む〉