の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 114 56733字 497.7字 34.2%
30分 1 492字 492.0字 0.0%
総合 115 57225字 497.6字 33.9%

ユーザーアイコン
作者: お題:暑い虫 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:613字
昔々、あるところに、不死の蝉がいました。 不死蝉はかれこれ数万年ほど生き、多くの子孫を残しましたが、子供たちはみな唯の蝉だったので、大人になれば夏を越えること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:メジャーな信仰 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:727字
人にはそれぞれ信じるものがある。 あるいは愛、あるいは努力、あるいは金銭、あるいは神、あるいは友人、あるいは運命。 メジャーな信仰だったりすると数億人単位で仲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:儚い床 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:328字
「散歩しながら建物を壊す趣味があるんだけどね」 はみかみながら彼女はそう言い、一同の空気は微妙に固まった。私もティーカップを口元につけたまま数秒ほど返答に窮した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:激しい場所 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:239字
いつの世でも、どんな場所でも、刺激を求めてやまない人間は多い。だから、人間が生きている限り、おれの商売が立ち行かなくなることもないのさ。 先日、およそ五千年ぶ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:優秀な黒板 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:434字
遠い昔には教師という職業が存在したらしい。 現在の僕らにとって、勉学の師となるのは、ブラックボードと呼ばれる投影板そのものだ。あらゆる教科に精通し、論理的破綻 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:可愛い保険 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:694字
諸々のちょっとした不幸が重なり、心身に不調が出始めた頃、生命保険のおまけで一緒に申し込んでおいた巫山戯た名称の保険のことをたまたま思い出したのだ。 申請したの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:3月の出会い 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:638字
卒業式の日、友人がひとりできた。 一年間ずっと同じ教室に居たのに、一度も話したことのないクラスメイトで、三日月さんという。私はかろうじて相手の苗字を覚えていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:愛と憎しみの成熟 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:393字
良いかい坊や、愛憎は、知恵の実よりも古くから人間に宿ってしまったのだから、今更どちらかだけを選ぶことは叶わないのだよ。 嘆くばかりの僕をまっすぐに見て、祖母は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:黒尽くめの液体 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:762字
まぶたの裏にさえ本当の黒は無い、というのが黒々博士の口癖だった。 もともと、染料の研究を生業にしていた黒々博士が、数多ある無数の色をすべて含む色、すべての色の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:殺されたダンジョン 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:581字
昔々、あるところに、著しい厭世家の竜がおりました。 彼はとにかく一人で静かに暮らしたかったのですが、皮肉なことに、生来の強靭な魔力と、底深い知恵と、宝石並みの 〈続きを読む〉