いしゅとの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 95 88621字 932.9字 95.8%
30分 34 55040字 1,618.8字 85.3%
1時間 3 7901字 2,633.7字 100.0%
総合 132 151562字 1,148.2字 93.2%

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:昨日の艦隊 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:755字
「主砲、一斉掃射!」マーズ帝国艦隊司令官フレイマンの号令と共に、戦艦各自から無数の光線が敵・ジュピタ連邦共和国の戦列に突き付けられ、無数の光球を宇宙空間に現出せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:素人の門 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1004字
「何、あなたも記憶を消したいと」「はい、お願いします」私が記憶を除去する装置を発明してから、様々な人間が記憶の抹消を依頼しに私のもとを訪れた。過去のトラウマを忘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:春の兄弟 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:967字
「おいタケオ、薫子ちゃんが来たぞ。しっかりきめろよ」兄ちゃんが僕に囁いたとおり、道の向こうから薫子君が待ち合わせ場所にくるのがみえた。春の光に、つややかな黒髪が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未熟なカップル 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:2003字
「こら、もう下校時間だぞ」夕方、廊下の隅で朱里と無駄話に興じていると、音楽教師の”熊髭”に注意された。”熊髭”とはもちろんあだ名で、顔の下半分を覆う繁みのような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:天国の吐息 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:798字
暗闇の中、何物かの吐息が聞こえる。周囲には誰の姿も見当たらない。というか真っ暗闇で、視界には何も映らない。思考が混濁している。記憶の糸を手繰ってみる。妹の蛍の顔 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:不屈の躍動 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:805字
山岳地帯でまたしても武装蜂起がおこったと聞き、α帝国皇帝は玉杯を床に叩きつけた。「往生際の悪いネズミどもめが、いつまで叶わぬ夢に固執するつもりだ!」遊牧騎馬民族 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:彼女が愛した食事 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:926字
もう何匹目になるかわからなかったが、俺は襲い掛かってくるトロールを切り伏せた。次元の回廊となっているこの森は、よくモンスターが出没する。とても素人が一人で抜けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:右のカップル 必須要素:漫画 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1660字
とある漫画喫茶の中。私の右に座った一組のカップルが、一冊の漫画を一緒に読みながらはしゃいでいる。「この後主人公が覚醒して、この超つええ敵を倒しちゃうんだぜ」「き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:灰色の天使 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1340字
盲腸で入院した友人の見舞いの帰り、病院の中庭で彼女を見つけた。木漏れ日が降り注ぐ中、車いすに座り、黙って灰色の空を見上げる彼女。パジャマにカーディガンを羽織った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:初めての孤独 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:649字
家のドアをくぐっても、明かりはついていなかった。当然のことだったが、やはり一抹の寂寥を覚えずにはいられなかった。勝手なものだと思う。つい先日までは、その明かりが 〈続きを読む〉