いしゅとの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 50 47472字 949.4字 92.0%
30分 19 30469字 1,603.6字 89.5%
1時間 3 7901字 2,633.7字 100.0%
総合 72 85842字 1,192.3字 91.7%

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:汚れた探偵 必須要素:TOEIC 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1555字
「…というような論理で、犯人はあなたしか考えられません」探偵はそう告げると、颯爽と芝居がかった仕草で容疑者の1人の男を指し示した。その様子を俺は横で胡散臭げに見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:12月の円周率 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:769字
小学生の頃、クラスで「誰が円周率を最も長く覚えられるか」という競争が流行っていた。算数の授業中に先生が促したものだが、こういう単純な競争は子供を夢中にさせるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:安い恨み 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1905字
「お前、俺の牛乳を飲んだだろう」朝、ダイニングに入ってくるなり、親父がドスの聞いた声で兄貴に語りかけた。「何のこと?わからないな」兄貴は済ました顔でそう応えたが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:元気な職業 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:880字
ゾンビ―を退治するには、いくつかのコツがある。弱点である頭部をはやめに叩くこと。手足や胴体にダメージを与えても人間のようにひるんだりしないので、すぐにその後の反 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:アルパカの夏休み 必須要素:セリフのみ 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1620字
「まさかこんな処で、鉄ちゃんに会うとはなあ」「高校卒業以来だから、大体20年ぶりかね」「お前は成績良かったし確か一流大学に進学したはずだよな、それがこんな片田舎 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:未来の娘 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1037字
「お父さんお父さん!」いきなり見ず知らずの女の子が部屋に現れて、寝ている俺(高校2年生)をお父さんと呼びだしたものだからどんな顔をしたらいいかわからなかった。目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:突然の弁護士 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:867字
王妃様の寝室へ侵入した角でお縄になった俺は、王宮の秘密裁判にかけられることになった。はっきり言って身に覚えがまるでない。事件が起こった日に門衛の当直になっていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:意外なサーカス 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1815字
シンジが玉乗りをしながらトスしてくる複数のクラブを、同じく玉に乗っている俺が投げ返しながらジャグリングを続けると、会場に割れんばかりの拍手が響き渡った。自分でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:昔の行動 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:762字
「あなた、お帰りなさい」そう言って奈津姫が掌にのせた泥団子を差し出してくる。僕は黙って受けとり、食べるふりをする。妹との一番古い思いでは、子供じみたままごとだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:突然の儀式 必須要素:東京湾 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2836字 評価:0人
これは儀式なの―と、八羽は言った。東京湾に浮かぶ小型艇で、私達はお互いに銃を向け合っている。私の右腕に握られた拳銃を、彼女は自分の胸元まで手繰り寄せる。そうしな 〈続きを読む〉