制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 124 117240字 945.5字 96.0%
30分 45 71536字 1,589.7字 88.9%
1時間 3 7901字 2,633.7字 100.0%
総合 172 196677字 1,143.5字 94.2%

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:苦い犬 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1577字
眼前にはハエがたかる犬の死骸が横たわっていた。空腹のあまり、はいつくばってその肉を噛みちぎった。苦かった。とても食えたものではなかった。反射的に吐き出した。「兄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:宗教上の理由で大学 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:812字
「離してくれ、俺はもうこんな大学いられないんだ!」そう言って立ち去ろうとする俺の肩を、友人の野上がつかんできた。「おい、いきなりそんなこというなんて、一体どうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:昨日の粉雪 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:850字
龍彦は不機嫌だった。原因は昨日の午前中の積雪にあった。季節外れの異常気象により、四月だというのに雪が降りに降って、ついには一面の銀世界を現出させた。踏めばサクサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:捨てられた風 必須要素:化粧水 制限時間:30分 読者:69 人 文字数:1178字
「いつか空の向こうへ行ってみたいんだ」リアンがそう告げると、出会ったばかりの少女―確かシェーラとか名乗った―は不思議そうに首をかしげた。「どうして、そんなところ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:黒い関係 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:832字
「ねー、やっぱりあの2人、怪しいよねえ」昼休み、私は同僚たちと噂話に花を咲かせていた。現在私たちのグループ内では、A子とB男の話で持ちきりである。「いつもこそこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:何かのおっさん 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:1060字
世界一強運な男がいると聞き、私は記者として取材にやってきた。男は匿名を希望したので、ここではイニシャルのB・Jとだけ記しておこう。「はじめまして、あなたは世界で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:せつない夢 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:1136字
名探偵には、ひとつの大きな夢があった。その夢に出会うために、彼は今日も事件現場に足を運ぶのである。「…以上が、この事件のあらましです」顔見知りの刑事に説明を受け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:かゆくなる関係 制限時間:30分 読者:117 人 文字数:1687字
先王アルベルトが己の後継に末の弟ティグリスを指名したことは、王国に激震をもたらした。この指名に殊更憤懣を覚えたのは先王の長兄ナイルと妃イリスである。前者は本来先 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:臆病な靴 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:951字
その靴は、誰にも買ってもらえなかった。臆病で、ちょっとしたことがあるとすぐ逃げ出すからだ。「この前犬に吠えられただけで勝手に逆方向へ走り出して遅刻しちまった。こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと@自称モノ書き お題:私が愛したエデン 制限時間:15分 読者:147 人 文字数:1039字
跨線橋の上で、僕は去り行く彼女と向かい合っていた。冬だった。雪交じりに吹き付ける風が冷たかった。屋根もなく、左右に欄干が取り付けられているだけの、古い跨線橋だっ 〈続きを読む〉