いしゅとの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 107 101295字 946.7字 95.3%
30分 39 62629字 1,605.9字 87.2%
1時間 3 7901字 2,633.7字 100.0%
総合 149 171825字 1,153.2字 93.3%

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:トカゲのエリート 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1601字
トカゲと呼ばれる忍者がいる。周囲と同化し、存在感を消し、その存在を何者にも悟られることがない。対峙した標的はトカゲが目の前にいることにも気づかないまま、いつの間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:腐ったライオン 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1127字
第三高校のライオン、不良番長浦上がUFOに願ったのは、「子猫をくれ!」ということだった。下校途中、いつもどおりおらつきながら歩いていると、突然上空からUFOが降 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:突然の戦争 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1008字
隣国のA国に突然戦争を仕掛けられ、B国は恐慌に陥った。慌てふためく群臣に向けて、しかし一人だけ落ち着いた物腰を保っていた王は毅然と言い放った。「騒ぐな!どう対処 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:男同士の誰か 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1200字
街中を歩いていると、向こうから千堂さんが急ぎ足で歩いてきた。びっくりした。もう会うことはないだろう、と思っていた。驚きのあまり私は硬直してしまい、急ぐ彼の行く手 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:凛とした学校 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1407字
「首都からの救援は…ありません」学園長が告げた残酷な知らせが、その場に集まった見習い魔導士達の悲鳴を引き起こした。ここ、国境沿いの魔導学園は、突如隣国の侵攻を受 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:明日の探偵 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1056字
僕が先生の探偵事務所に助手として雇われて1か月、ようやく事件らしい事件の依頼が舞い込んできた!旧家の屋敷の中で、当主の老人が何者かに殺されたというのである。しか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:どす黒い春 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1110字
春、職場に新人が入ってきた。その新人とは中学時代の同級生、井深さんだった。名前は変わっていたが、井深さんに間違いなかった。ぼくが彼女を見間違うはずがない。「はじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:ありきたりな昼 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1128字
普段と何ら変わらない、穏やかな昼下がりだった。4月の日差しが柔らかく降り注ぎ、閑静な住宅街には人気もまばらだ。近所で一番大きな高橋さんの家から、愛犬ガネーシャの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:つらい話 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1701字
魔界―一面に続く不毛の荒野。押し寄せる魔王の大軍勢。迎え撃つ勇者一向。決戦を間近に控え、勇者の顔は青ざめ引きつっていた。それは敵への恐怖からではない。彼は―トイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:薄汚い昼食 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1002字
「なんだ、この粗末な食事は!」側近が罵声を上げ、老婆が平伏するのを皇帝は黙ってみていた。出された食事は、お湯の中に青菜が2,3枚浮いているだけの些末なもの。しか 〈続きを読む〉