あきらの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 30 20412字 680.4字 46.7%
30分 1 1465字 1,465.0字 100.0%
総合 31 21877字 705.7字 48.4%

ユーザーアイコン
作者:あきら お題:進撃の豪雨 制限時間:15分 読者:247 人 文字数:803字
雨がふる。それは最初シトシトだったけれども、その内ザアザアになって、今はゴウゴウと降っている。 舞衣は雨が嫌いだ。せっかく綺麗にブローした髪は湿気を吸って広が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
かげのあるじ ※未完
作者:あきら お題:彼の秘部 制限時間:15分 読者:214 人 文字数:951字
「内緒だよ」と彼女は言った。 その場所に入るのは幼いマリィにとって憧れだった。多くの大人たちがフードで顔を隠しながら他人のふりをしながらその路地入っていく。大抵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あきら お題:穢された関係 制限時間:15分 読者:231 人 文字数:665字
「司祭様、今までありがとうございました」 そう言って頭を垂れるのは長年一緒にこの教会を、孤児院を運営していた娘だった。師弟として、大事な仲間として、そして何より 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
少年間者 ※未完
作者:あきら お題:限界を超えた言い訳 制限時間:15分 読者:229 人 文字数:653字
「いててて止めてくれよアニキ!」「お前が反省したらな」「分かった! 悪かった、オレが悪かったよ!! だから離してくれ! 耳が耳が、耳長族になっちまう!」「本当に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
子食い狐 ※未完
作者:あきら お題:真紅の怒りをまといし狐 制限時間:15分 読者:256 人 文字数:441字
「じぃじ、じぃ……」「しーっ、静かにせんかい。いいか、じぃじ良いと言うまで決して口を開いてはならんぞ。動いてもいかん。約束じゃ。わかったらじぃじの手を握らいん」 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:あきら お題:賢い殺し 制限時間:15分 読者:261 人 文字数:622字
眼の前に横たわる白い物体を見ながら、不思議と心は落ち着いていた。 これから自分は、彼を、殺そうとしているのに、だ。 そうしなければならないのだ。彼は私を選ばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
数学的真理 ※未完
作者:あきら お題:理想的なサーブ 制限時間:15分 読者:247 人 文字数:594字
「で、何が言いたいのかね、君は」 モノクルのズレを直しつつ教授は問うた。「ですから、その話はおかしいと申しております。我々は何も悪いことをしていません。いい加減 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
初舞台 ※未完
作者:あきら お題:素人の夕方 制限時間:15分 読者:260 人 文字数:561字
「日も落ちて参りましたこの時間。さてはて、皆様に最後にお目見えするは我ら一座の舞姫『プリンセス・リリア』で御座います。西ではさる王に求愛され、東では屈強なる戦士 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あきら お題:美しい平和 制限時間:15分 読者:244 人 文字数:435字
とても静かな日だった。 眼の前に広がる水面は静かに透明に水を湛えて輝いていた。木々は青々と生い茂り、生命の息吹を感じる。 なんと自然は、美しいのだろうか。「こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あきら お題:安全な春雨 制限時間:15分 読者:292 人 文字数:418字
明るかったはずの空が時を刻むごとにどんよりとして来る。見上げると、点々と仄暗い塊が浮いている。 じき雨が降り出すだろう。 そう彼女は悟り、雨を凌ぐ場所を探し出 〈続きを読む〉