絹糸の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 16 11001字 687.6字 81.3%
30分 20 23386字 1,169.3字 90.0%
1時間 16 20189字 1,261.8字 100.0%
2時間 13 20646字 1,588.2字 100.0%
4時間 12 19606字 1,633.8字 100.0%
総合 77 94828字 1,231.5字 93.5%

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:誰かとお尻 必須要素:テニスボール 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:725字
金屋:ねぇ、尻の間にテニスボール挟まった場合どうしたらいい?スズ:は?ww待って詳しく教えて金屋:いや、いつも通り電車乗って座ったらテニスボールすっぽりはまった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:少女の家事 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:956字
少女は生まれたときから家族を知らなかった。物心付いたときには回りにはたくさんの同じくらいの子供と、先生達に見守られていた。少女は家族を知りたいとは思わなかったけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:暗い幻覚 必須要素:「なんでやねん」 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1052字
眠るのが怖い時がある。目を閉じて視界が暗くなるその状態で、意識を飛ばすのがとても怖い。誰かに襲われたらどうしようとか、一人でいることがとても怖くなる。だからいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:8月のキス 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:852字
8月は甘くない。夏は開放的になるから、誰だってふしだらがあって当たり前だ。私だって高校生の時は好きでもない奴等と好き勝手に体を重ねていた。制服で食われるのは今し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:ありきたりな国 制限時間:4時間 読者:29 人 文字数:790字
がつんと食べたいという気もきっと起こらないのかもしれない。私が眺めていたのは、食堂のメニュー。大きさは「並」しかない。「なあ、お姉さん。大盛とかないの?」「おお 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:黒尽くめのダンス 制限時間:2時間 読者:42 人 文字数:797字
黒と黒の間を縫うように歩いていると、足先が思わずステップを踏んでいる。両脇は、スーツばかり。背負ったままのリュックはどうにかしてほしい。足をそっと付けると踵まで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:思い出のサーカス 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:902字
(冷たい牢に閉じ込められた大きな猛獣。火の上を渡る人間と空を飛ぶ少女。大きなブランコから手を降る少年と、玉に乗って怪しげに微笑む道化師。)…ああ。これがきっとサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:とんでもない死 制限時間:2時間 読者:35 人 文字数:1061字
夜寝ている間に死んでいた私の気持ちを誰が分かるだろうか。変哲の無い1日の終わりに、私は命まで終わらせてしまった。本当に特別なにもしていない。死んでしまったことに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:うへへ、電話 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:1527字
初めて付き合った彼女はバーチャルに近い。俺達はオタクしか集わない、言わばオタク専用のマッチングアプリで出会った。当たり前だが、オタクなので精通している場所が一緒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:生きている話 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:801字
今日もいつも通り、お昼前に目が覚める。布団を上げてぼんやりと空を見る。空腹を感じてくる頃は大体お昼時だ。こんな貧乏だと気分が良い時や上げたい時にツナ缶をひとつ食 〈続きを読む〉