はるちかの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 73 36417字 498.9字 16.4%
30分 23 20903字 908.8字 13.0%
1時間 16 26369字 1,648.1字 12.5%
総合 112 83689字 747.2字 15.2%

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:死にかけの町 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:1733字
「どこが風光明媚な観光客向けの町だって!?廃墟だらけで人ひとり見当たらないじゃないか!」町の大通りと思われる車道のど真ん中に突っ立ったハッシュが両拳を突き上げて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
導きの歌 ※未完
作者:はるちか お題:黒い紳士 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1420字
その悪魔と初めて出会った日のことは忘れられない。あの日の夜もまた、私は確かに憂鬱だった。およそ光の届かない闇の中へずるずると沈みこんでいった私は抜け出そうと足掻 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:求めていたのは怒り 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:2266字
「幻の国へ入るにはチケットがいるんだ。一人一枚。ただし、チケットの金額や入手方法なんて誰も知らない。チケットは一方通行で、一度入ったら帰ってこられないってウ・ワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Stargazer ※未完
作者:はるちか お題:暗い道のり 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:2255字
闇の中でも彼女の姿を見つけるのは実に容易かった。陽が落ちて真っ暗だとは言っても、見通しのいい草原に満月の目映い光のおかけで白衣が目立っている。何より、家からほん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ティータイム ※未完
作者:はるちか お題:失敗の怒り 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:1106字
部屋の扉がノックされ、書棚にはたきをかけていた手を止める。この時間帯には来訪客の予定はなかったはずだよな、と考えながら「はあい」と返事をしたら、なんだか間抜けな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
追跡 ※未完
作者:はるちか お題:つらい接吻 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1733字
二時間歩きづめでなくたって、夜も八時を過ぎていれば、いいかげん腹は減ってくるし休憩を挟みたくなる。左手首の腕時計をちらと見てから、隣を歩くクヨウの顔を見る。ねぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:あいつと娼婦 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2085字
「疲れたからちょっと休憩したい」運転手自ら言い出せば、助手席に座ってぼんやりと車窓を眺めているだけの片割れは頷くしかない。今までにも唐突な休息の申し出を咎められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
勇者選定の儀 ※未完
作者:はるちか お題:ダイナミックな「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:1020字
勇者選定の儀は実に単純明快なものとなっている。宮廷魔術師により王都の北に位置する希望の丘に突き立てられた勇者の剣を引き抜けた者こそが名誉ある勇者として選ばれ、魔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はるちか お題:穏やかな社会 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:629字
今日が一学期の終業式で、明日からは夏休み。まだ明るい時間帯のうだるような暑さ、学校からの帰り道はたまたま人通りがなく、コンクリートの照り返しに辟易していた時、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彼が愛した女 ※未完
作者:はるちか お題:彼が愛した女 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1079字
彼女の第一印象は最悪だった。「ここは俺に任せて先に行け」と言うのは死亡フラグの常套句になりつつある。戦場でそんなことを言ったやつは大抵思わぬ伏兵が現れたり最終兵 〈続きを読む〉