息子の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 36 25438字 706.6字 66.7%
30分 12 16239字 1,353.3字 25.0%
1時間 3 7309字 2,436.3字 100.0%
総合 51 48986字 960.5字 58.8%

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:高貴な世界 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:680字
「ファーーーック!!」 先生はそんな叫び声を上げながら、受話器を乱暴に叩きつけた。 どうやらまた編集さんからボツを頂いたらしい。今月に入ってこれで三度目である。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:魅惑の母 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:706字
「うちの母さんはそりゃあすごい美人でなぁ」 ハンドルを回してカーブを進みながら、父は言った。「学校中どころか町中の人気者だった。男女問わずモテまくりの勝ちまくり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:人妻の殺し 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:766字
人妻稲妻事件が起きたのは、都内某団地でのことだった。 被害者である団地妻は屋上にある避雷針に縛り付けられており、そこに落ちた雷で感電死したのだ。「これは間違い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:永遠の血液 必須要素:主人公が人を○す 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:621字
「俺ってさぁ、死なない体質じゃん? だから五百年くらい生きてるんだけどさ、そろそろ死にたいんだよね」 と親友が言っていたので、頸動脈をナイフで切ってやった。「い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:未来の靴 必須要素:iPhone 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:421字
助五郎が病気に罹ったらしい。 村長である私は彼の家を訪れ、先客の男に聞いた。「こいつには息子がいたはずだが、今は何処に居るんだ?」「へぇ、何でも今は江戸の方に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:息子 お題:純粋な海 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:525字
親指。人差し指。中指。薬指。小指。 一番美しい指は何だろう。 その問いに対する今の私の返答は、中指以外にあり得ない。 唇に付いたケチャップを中指で拭っている彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:あきれた夏休み 必須要素:甘栗 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:721字
夏休みが終わり、今日から登校が再開される今日。去ってしまった長期休暇を名残惜しみながら通学路を歩く生徒達の表情は浮かないものだった。そして、私の表情はそんな彼ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:ラストは汗 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:651字
「クリスマーッシュ!」そんな冬限定の必殺技みたいな叫び声をあげながら、サッチは僕の後頭部に思いっきりチョップを食らわせてきた。「いったー! 出会い頭に何するのよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:ぐふふ、、と彼は言った 必須要素:叙述トリック 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:794字
「ぐふふ、、」と彼は言った。それが笑い声なのか、あるいは口内から何か液体が漏れ出る音なのかは分からない。確かなのは、それこそが彼が最期に遺した言葉──ダイイング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:臆病な殺人犯 必須要素:口臭 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:887字
「しっ、死んでくださ〜〜い!」そんな、言ってる本人の方がちょっとした物音で驚いて死にそうなくらいにおどおどとしたか弱い声で言ってくるものなのだから、現在進行形で 〈続きを読む〉