イトカ/欄橋の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 138 111700字 809.4字 75.4%
30分 9 11063字 1,229.2字 55.6%
1時間 3 8042字 2,680.7字 100.0%
総合 150 130805字 872.0字 74.7%

ユーザーアイコン
衝動 ※未完
作者:イトカ/欄橋 お題:無意識の職業 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:981字
抱くのは憎悪。掲げるのは信念。しかして、心から求めることは、ただ殺戮のみ。ただ己の正義を執行するのではなく、狡猾に、傷を抉るように。血は至高だ。生をその身で味わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:アブノーマルな花 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1103字
「―――待って…!」――の背中へと手を伸ばす。けれど、その手は虚空を切り裂いた。「行かないで…! 一人に…しないで…」涙を流し、懇願する。それでも、――は止まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:穢された悲劇 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:921字
瞳に映らないもの。それこそが幻想の正体。だから、私の瞳に映っているこの黒い景色は、夢でもなければ幻でもない。きっとそう、誰かが奪い去ってしまったもの。それは果た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:混沌の慰め 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:825字
夕焼けの海辺。太陽が沈む中、私達に光が当たる。まるで、この世界には私達二人しかいないような、そんな気さえする。私と彼の間に言葉はない。この雰囲気がそうしてくれて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
王都の使命 ※未完
作者:イトカ/欄橋 お題:帝王の小説練習 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:723字
言霊。人より発せられた言の葉は想いを持ちて形にする。それは、想像力が高ければ高いほど効力を増す。だからこそ、帝国の王となるものは力を蓄える為、読み書きを教わる。 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:誰かの冬 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:645字
滅び。それは、ある種の救い。始まりがあるから終わりがある。終わりがあるからこそ、始まりがある。そうしていくつもの歴史は紡がれてきた。誕生の春から、喪失の冬まで。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:優秀なババァ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1104字
失敗。その言葉を、どれだけ多くの者が言っただろうか。あれもダメ、これもダメ。結局は一人でから回っていただけだった。…いや、はじめから絡まってなんかいなかった。も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:燃える食卓 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:902字
景色は廻る。春夏秋冬、止まることなく、惑星は廻る。時には色を添えて、また、色を落として…。見る者を魅了するこの光景は、何千年前から繰り返されてきたもの。決して覆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:プロの年賀状 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1163字
『あけましておめでとうございます』印字された一文。変わることのない文字の羅列を眺める。「年が明けて、本当にめでたいのかねぇ」愚痴が漏れる。ただ年号が変わっただけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:幸福なキス 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:1074字
お題無視「西条(さいじょう)登(のぼる)。彼の能力は肉体強化と聞いているが」その言葉に、ゆっくりと頷く。「えぇ。教頭の仰る通りです」「ならば、あれはなんだ」目の 〈続きを読む〉