欄橋(らんばし)の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 198 185289字 935.8字 80.8%
30分 9 11063字 1,229.2字 55.6%
1時間 3 8042字 2,680.7字 100.0%
総合 210 204394字 973.3字 80.0%

ユーザーアイコン
作者:欄橋(らんばし) お題:近い窓 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1226字
白い一室。中にあるのは、椅子と机。それから、小さな窓。上を見れば、一面に正方形が連なっていて、壁を見れば白で埋め尽くされている。この部屋に、2つだけ違う色がある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋(らんばし) お題:綺麗なドア 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1521字
その日、世界は光に包まれた。真っ白な世界。それが、僕が覚えている最後の光景だった。あれから、世界はどうなってしまったんだろう。粒子が輝く空間の中で思考を続ける。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋(らんばし) お題:小説の中の彼方 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1241字
夕暮れ時。逢う魔が時。門は開き、異形は世に解き放たれる。多世界を侵略するように。未開の地は彼らにとって新たな食料庫だ。どんなに食べ尽くしても、何も問題はない。全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋(らんばし) お題:未熟なパラダイス 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1072字
出会いは突然だった。いいや、ある意味で言えば、別れかもしれない。「空を見上げよ」繰り返される日常を順風満帆な気持ちで過ごしていたその日、誰かの声が聞こえた。その 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋(らんばし) お題:フォロワーの敗北 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1521字
屋上から空を見上げる。一面の青空。雲一つないパレットの上には、青が広がり続けている。「はーっ…」どうしてこんなことになってしまったんだろう。わからないまま、ここ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:欄橋(らんばし) お題:阿修羅カラス 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1610字
胸の内に宿る儚き想い。焦燥。嘲笑。何もかもが、全てを壊す。いらない、何も。ここにあってはならないものだから。内にあれば、壊れてしまうから。だから、早く出さなけれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋(らんばし) お題:昨日の冬 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1246字
一面の白が世界を覆う。世界の全てを塗りつぶすように。灰色になった空を見上げる。小さな結晶はちらちらと降り注ぎ続けている。「はーっ…」小さく息を吐く。辺りに空気が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋(らんばし) お題:腐ったテロリスト 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1382字
廃れた洋館で、少女はただ一人、還らぬ人を待つ。何年も、何十年も、未来永劫、ずっと…。それは、彼が残した"呪い"。彼にとって、"祝い"であった"それ"は、口が災い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋(らんばし) お題:昼間の尿 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:1197字
物語が始まるとは、どういうことだろう。連続した主観の中に生まれる、"誰か"の思考。それが、物語の始まりであると私は思う。時間軸の繋がっている自我の中で、他人が割 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:欄橋(らんばし) お題:絵描きの転職 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1502字
人生常に崖っぷち。そんな言葉を言った人が、過去には何人もいた。後世にそんな言葉を残したということは、きっとその人の人生も崖っぷちだったのだろう。いつか来る終わり 〈続きを読む〉