さやかの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 2 744字 372.0字 50.0%
30分 2 1125字 562.5字 50.0%
1時間 2 2164字 1,082.0字 50.0%
2時間 2 1917字 958.5字 100.0%
4時間 1 1234字 1,234.0字 100.0%
総合 9 7184字 798.2字 66.7%

ユーザーアイコン
作者:さやか お題:昼間の快楽 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:1108字
毛布をかけてやろうとした手がふと止まった。薄い唇が柔らかく動いて吐息のような声が漏れる。閉じられた瞼を覆う睫毛は長く、透き通るような色の肌に顔の陰影が綺麗だと思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さやか お題:誰かは同情 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:673字
“似た者同士だ”そう感じた彼は、私よりももっと優しい人で。そんな彼を残してしまうことを、どうか許してほしい。“かわいそう、大変だな“俺が初めに思った印象はそれ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さやか お題:12月の私 制限時間:30分 読者:134 人 文字数:452字
ほぅっと手に息を吹きかけ作業に戻る。 今日はいつもより寒い。雪でも降るのだろうか。そう思いながらも作業の手は緩めない。これをこうした方がよかったかな。とかあの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さやか お題:記録にない整形 制限時間:2時間 読者:193 人 文字数:1026字
ガチャっと扉の開く音がした。そちらを向くと彼は私を抱きながら一言「好きって言ってくれ」と言った。彼は言葉にしてくれないと不安になるらしくよくそう言う。言葉にし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
スピーチ ※未完
作者:さやか お題:大人の友人 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:428字
俺の幼馴染はよく出来た人間だと思います。下の弟の面倒をよく見、友人たちへの気遣いも忘れず先生からの評判も良い。ただその友人は一度も彼女ができたことがなかったん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:さやか お題:ひねくれた凡人 制限時間:15分 読者:135 人 文字数:316字
今日のテストも平均値。昨日も一昨日も、きっとこの先も。普通の親に生まれ普通の平均的な生活をし普通の友人がいる。俺は恵まれている。 平均以下の奴らはそれこそ這い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さやか お題:とんでもない豪雪 制限時間:4時間 読者:168 人 文字数:1234字
「うわぁ、雪だ!」と喜べるのは幼い子供か犬くらいで大人になったら雪なんてただ邪魔なだけ。って考えるのが普通だと思うのだけれど…「なあ、雪だぜ雪!!俺も雪で遊びた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さやか お題:昨日の罪 制限時間:2時間 読者:141 人 文字数:891字
「いやぁ、おいしかった」 あいつはそう口にしました。俺がすっごく好きなものを食べやがったんですあいつ。何がおいしかった、だよ。…あいつは俺の好きなものだって知っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
大嫌いな顔 ※未完
作者:さやか お題:元気な人間 制限時間:1時間 読者:157 人 文字数:1056字
立花小夜は学校の人気者である。彼女の行くところには人が集まるし笑いも絶えない。別に顔が特別良いというわけでもない。ただ彼女の雰囲気が人を呼び込むものなのだろう 〈続きを読む〉