環境の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 38 18227字 479.7字 21.1%
1時間 1 1261字 1,261.0字 100.0%
総合 39 19488字 499.7字 23.1%

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:捨てられた雑踏 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:476字
約束とは、明日の予定を決めることである。連続する明日が、明日からなくなるなんて、誰が考えただろうか。いや、でもけっこうそういうのはみんな考えているし、今どき、よ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:近いところてん 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:318字
――こんにゃくが食べたい。サシミにしてもいいし、ただ茹でて田楽みそにつけるでもいい。あの弾力が恋しい。昨日はカーテンを引き忘れていて、朝日がダイレクトにまぶたを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:苦し紛れのハゲ 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:627字
大抵の舞台は中世、おまけにヨーロッパ風で、エルフやドワーフなどの種族がひしめき合っている剣と魔法とドラゴンの世界。なぜか言語は通じちゃってるし、俺はスーツに革靴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:どこかの駄洒落 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:487字
「本当さんって知ってる?」「本当さん?」「ほんとうはコンドウさんって人らしいけど。」そこで言葉を切ると、カナエは音を立ててメロンソーダの残りを吸い込む。クリーム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神様の約束 ※未完
作者:環境 お題:神の夕方 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:527字
「ねえ 明日も来るの」「約束だよ」あの日、神社の境内で指切りをした彼女と再び会うことはなかった。きっともう忘れてしまったのだろう。*「学校に遅れるわよ」下の階か 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:環境 お題:安全なエリート 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:332字
「準備は整ったよ」前髪を手ぐしで整える仕草を入れる。シワひとつないシャツの裾はきちんと折り込み、制服の上着には猫の毛一つもつけていない。朝の支度にも決まった順番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:かゆくなる夜 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:652字
「耳障り」という言葉を表すのに、これほど適した音はないんじゃないかと夏がくるたびに思う。引っ越した日からこの部屋に置いてあったクーラは黄ばんでいて、音も匂いも風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:寒い電車 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:517字
腕時計に視線を落とす。照明が落ちてから3時間45分、スマホの充電が切れてから約10分が経過したらしい。室内を見渡すと、数人がうなだれていたり、横たわっている。5 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:生きている月 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:270字
夜を死に例える人がいるけれど、私はいちども感じた経験がない。彼が感じた夜の静けさを、ほんとうの静けさというものを知らないからなのだと思う。* 低いモーター音と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:環境 お題:マンネリな爆発 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:502字
「さて、この教室が静かになるまでに君は何回つまらないと発言したでしょうか」そう言ってこちらを一瞥もせずに片付けを始めたのは職場の先輩であり、小学校を卒業してから 〈続きを読む〉