夢路の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 83 28633字 345.0字 79.5%
30分 2 799字 399.5字 0.0%
総合 85 29432字 346.3字 77.6%

ユーザーアイコン
習作85 ※未完
作者:夢路 お題:秋の許し 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:271字
失われた秋について、おれは調べていた。 秋には桜が咲く。それは子供でも知っている常識。 けれども、おれはそれに違和感を持っていた。 秋には桜なんて咲かない。違 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作84 ※未完
作者:夢路 お題:男同士の王子 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:304字
大学生になってから友人が一人出来た。 彼の名前はY。 Yは運動神経も勉学もこなせる爽やかイケメンだ。 サークルの飲み会で独りで飯を食べていたところに、声をかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作83 ※未完
作者:夢路 お題:女のつるつる 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:391字
「ねぇ、Kくん。私ね……剃ってるの」 脳に理解が追い付かなかった。 彼女は今なんて言った? 「え……?今なんてイイマシタ……?」 思わず敬語で聞き返してしまう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作82 ※未完
作者:夢路 お題:生かされた喜び 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:248字
鎖が床を引きずる音がする。 わたしの足を封じているものだ。 この鎖は壁に固定されており、この檻から逃げられないようになっている。 そうだ、檻だ。正面以外全てが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:うわ・・・私の年収、高給取り 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:516字
私は給与明細を見て目を剥いた。 ――1年前。私は新卒で就職した企業を退職した。 半年のスピード退職だ。 上司には最低三年は働けだの、お前みたいな根性なしはどこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:10の小説家たち 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:296字
円卓。その広い部屋の中央には円卓があった。 卓上には燭台が置いてあり、光が煌々と灯っている。 さて、この円卓には豪奢な椅子が均等な距離で配置されており、その数 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:513字
雨は嫌いだ。特にこうやって晴れている日に、いきなり降り付けてくる天気雨は。 まるで人をあざ笑うような雨だ。こんなに晴れているのに。 学校の帰り道、神社に受験の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:空前絶後のコンサルタント 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:277字
ビジネスに失敗して多額の借金を抱えてしまった。連日ヤクザに追われ、眠れぬ夜を過ごしているところ、一人の男と出会った。 男は自らをカイムと名乗り、大量の金を稼げ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
習作77 ※未完
作者:夢路 お題:今度の武器 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:495字
重い宝箱の蓋が開く。 その中にあったのはただならぬ雰囲気をしたためた日本刀だった。 手にとって、鞘から刃を少し抜いてみる。 氷のように冷たく、美しい波紋が覗い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢路 お題:アブノーマルな秋 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:595字
10月。桜吹雪が地面を染め上げる。 何の変哲もないいつもの日々。 その日々の中で、唯一おれだけが狂っている。 秋に桜が咲くのは当たり前のことだ。誰でも知ってい 〈続きを読む〉