ぺこの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 29 11420字 393.8字 96.6%
30分 7 4664字 666.3字 85.7%
4時間 1 1442字 1,442.0字 0.0%
総合 37 17526字 473.7字 91.9%

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:遅すぎた死 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:307字
ある人には親友以上の存在の男性がいたが、世間体の手前恋人と紹介できずひっそりと愛をはぐくんでいるうちに相手が急死してしまった。その人はあまりにも嘆き悲しみ一時、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:トカゲの場所 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:415字
猛暑の中の草取りは大変つらい。作業着がぴったり汗ばんだ肌に張り付き、額からは大粒の汗がポトポト流れ落ち作業の邪魔をする。あまりにも暑すぎるのか蚊が湧いてこないの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:つらい視力 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:322字
私には「色」がついているということがわからないが、人の動作の過程で因子を特定することには正確だった。千里眼というやつで、さまざまな相談をされるようになってしまっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:今日のゲストは豪雨 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:424字
お日様とお月様は急用ができたので先に支払いをすませると宿から出て行った。あわてて起きた雷はゴロゴロいいながら夕方に宿を出た。だから夕立なのだという物語がある。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:鈍い任務 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:369字
見ざる言わざる聞かざる世間一般の付き合い同様、結婚生活においてもこれが必要だ。三匹の「サル」を飼いならすことができればプライベートのゆったりした平和を保てる。面 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:頭の中のガール 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:784字
宝は空想の好きな子だった。教室の休み時間、退屈な授業、友達との待ち合わせの間、大好きなコロッケ屋でなじみのおばちゃんがせっせと上げてくれている間、ささいな隙をと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:穢された墓 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:510字
やる気が起きない。動くのもおっくう。雨が降る様な降らないような生ぬるく感じる午後、気が進まぬながら私は伸ばし伸ばししていた墓参りをすることにした。墓掃除は家長の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
きまり ※未完
作者:ぺこ お題:重いしきたり 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:804字
由緒ある家、場所にしばしば見受けられるものだ。軽重にかかわらずあるということはそうすることで秩序と繁栄の存続できると思った古の人々の知恵なのだろう。最初は日常的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:苦し紛れの冤罪 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:468字
榊は腕時計を見て時を確かめた。11時55分、あと五分で採決が下されるころだ。「たった」五分ではあるが今日ばかりは異様な長さに感じる。彼は大学の大講堂に通じる廊下 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぺこ お題:楽しい運命 必須要素:コミケ 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:554字
これから楽しいひと時浸ることができるなら。高尾は首に流れ落ちる汗をミコリン~ピンク色の髪の女の子がプリントされた手拭いで拭いながら目の前にある白い建物を見上げた 〈続きを読む〉