keiseireiの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 73 57134字 782.7字 90.4%
1時間 6 14500字 2,416.7字 100.0%
総合 79 71634字 906.8字 91.1%

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:難しい悪意 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:899字
当初はそうでもなかった、互いに仲は良かったのだから。 それがかうまくいかなくなったのは、いつからだったろう。彼女はとても優しく、かわいらしい女性に見えた。 う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:純白の目 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:836字
描けば終わる。為せば成る、為さねば成らぬ何事も。 わかってはいるのに手が進まない。このキャラクターの瞳を書き入れれば絵が完成だというのに、とにかく終わらない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:許せないサイト 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:782字
特定のブラウザに依存し、読者にもそれで見ることを推奨するサイトが多い。 それがとにかく許せないし、うっとうしいと誠は思ったが、答えるものはいない。何しろ部屋に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:限りなく透明に近いババァ 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:951字
生まれたときからすでに、祖母はいなかった。 両親は早くに親を亡くした同士で結婚したので、僕はそのまま「おばあちゃん」というものをよく知らないまま育った。祖父は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天賦の才 ※未完
作者:keiseirei お題:情熱的な男の子 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:879字
冴えている人間と冴えない人間が世の中にはいる。 こういう簡単なことに気付いたのは、小学生の時からだった。その頃の僕は勉強は並、運動はやや苦手、見た目も並、とい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
未来の背中 ※未完
作者:keiseirei お題:不屈の食器 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:664字
名工、津崎は新たな作品を生み出そうと模索していた。 陶芸家として一時代を築き、名作を捏ね上げ続けてきたが、自身の最高傑作を超えることができないでいる。 一番の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:ダイナミックな家事 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:838字
旦那に食事中、あれとって来いこれとって来いと言われて仕方なく従ってきた。 あまりにも面倒くさがって私に指図してくるので、だんだん疲れてきた。かといって彼に不自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:最強の蕎麦 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:774字
俺は素人だが、蕎麦の味にはうるさい。 他人の意見よりも好みの問題もあるので、実際に食べて判断する。道の駅などで食事するときも蕎麦の何かを注文する。 冷やし蕎麦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:純白の小説修行 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:747字
先駆者にならって、書き始めてみたが気が散ってならない。 日曜日の真っ昼間に遮光カーテンを閉め、スマートフォンの電源を切り、家の電話を留守番電話にし、テレビを消 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:keiseirei お題:頭の中の御曹司 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:2041字 評価:0人
もう小学校が終わって、夏休みになった。 うちにはテレビゲームはなかったけど、代わりに弟と二人で使えるパソコンがあった。 「調べ物もできるし、ゲームもできるし、 〈続きを読む〉