けんたろう TAKAHASHIの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 132 70486字 534.0字 58.3%
30分 8 7527字 940.9字 50.0%
1時間 6 9767字 1,627.8字 50.0%
2時間 3 10361字 3,453.7字 0.0%
4時間 2 10753字 5,376.5字 50.0%
総合 151 108894字 721.2字 56.3%

ユーザーアイコン
作者:けんたろう TAKAHASHI お題:希望のぬめぬめ 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:661字
「あなたのぬめぬめは何ですか」「は?ぬめぬめ?」錆びれた街角の一角で、ぼろい服をまとった少女が突然わけのわからないことを聞いてきた。「そうです、ぬめぬめ」「あー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けんたろう TAKAHASHI お題:苦し紛れのプレゼント 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:546字
「何?プレゼント?」「そう、私のためのプレゼント」「何で俺が?今?」「なんでもいいから頂戴よ」雪が街路にしんしんと降り積もるクリスマス。景子と明夫は路上で犬も食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けんたろう TAKAHASHI お題:闇の駄洒落 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:556字
「闇のゲームへようこそ」暗い洞窟を抜けた先の扉を開けたその先は、天も地も、山吹色に輝く異世界が広がっていました。「は?闇…?」「そうです。あなたは辿り着いたので 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けんたろう TAKAHASHI お題:傷だらけの月 制限時間:15分 読者:153 人 文字数:416字
「今宵は月がよく見える」成人式で集まった同窓会の帰り、幼馴染と2人きりで薄暗い夜道を歩いていると、彼が突然そう言い出した。「ああ、今日は満月みたいよ」「そうか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けんたろう TAKAHASHI お題:愛すべき同性愛 制限時間:15分 読者:141 人 文字数:483字
北国の雪の盛りの朝の空は、全てを白く覆い隠そうとしている優しさがあって、私の心を温かくしてくれた。[私、どうも普通の恋愛はできないみたい]昨夜送られてきた親友か 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
練習 ※未完
作者:けんたろう TAKAHASHI お題:怪しい発言 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:366字
古ぼけた壁時計が16時の鐘を鳴らす頃、我が家に客人が来た。髪を後ろで一本に縛りポニーテールにしている、背の低い女の子であった。中二なる愚妹の同級生だそうだ。「あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けんたろう TAKAHASHI お題:苦しみのラーメン 必須要素:とんかつ 制限時間:1時間 読者:233 人 文字数:1378字 評価:0人
先ほど食べた大量のニンニクが舌先の感覚を麻痺させる。空腹時に食べていればおいしいのであろう目の前の肉もいまや体中が摂取を拒否していた。箸を持つ手は震えていて、も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けんたろう TAKAHASHI お題:頭の中の宗教 制限時間:1時間 読者:298 人 文字数:1447字
神とは人間の作った幻想だ。もしこの世に神がいるとするならば、それは世界それ自体のことでしかない。神は何も言わない。神は何も変えない。ただ、人間たちの営みを、泰然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けんたろう TAKAHASHI お題:最後の時計 制限時間:15分 読者:276 人 文字数:495字
古ぼけた店舗の中で店の主人と黒服が言い争っていた。「譲らんと言ったら譲らん」「婆さんはもういないのに、一人で続けて何になる」「ここはわしの店じゃ。出て行ってくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けんたろう TAKAHASHI お題:ゆるふわ愛されお尻 制限時間:2時間 読者:351 人 文字数:3299字
なんですか。うららが教室の隅で一人震えています。最近彼氏ができて元気になったと思っていましたのに…「ハルー!!助けてーー!!」「はいはいうらら、あなたは昔から困 〈続きを読む〉