ビルドアップ太郎の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 126 67458字 535.4字 58.7%
30分 8 7527字 940.9字 50.0%
1時間 6 9767字 1,627.8字 50.0%
2時間 3 10361字 3,453.7字 0.0%
4時間 2 10753字 5,376.5字 50.0%
総合 145 105866字 730.1字 56.6%

ユーザーアイコン
作者:ビルドアップ太郎 お題:苦しみのラーメン 必須要素:とんかつ 制限時間:1時間 読者:147 人 文字数:1378字 評価:0人
先ほど食べた大量のニンニクが舌先の感覚を麻痺させる。空腹時に食べていればおいしいのであろう目の前の肉もいまや体中が摂取を拒否していた。箸を持つ手は震えていて、も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ビルドアップ太郎 お題:頭の中の宗教 制限時間:1時間 読者:151 人 文字数:1447字
神とは人間の作った幻想だ。もしこの世に神がいるとするならば、それは世界それ自体のことでしかない。神は何も言わない。神は何も変えない。ただ、人間たちの営みを、泰然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ビルドアップ太郎 お題:最後の時計 制限時間:15分 読者:133 人 文字数:495字
古ぼけた店舗の中で店の主人と黒服が言い争っていた。「譲らんと言ったら譲らん」「婆さんはもういないのに、一人で続けて何になる」「ここはわしの店じゃ。出て行ってくれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ビルドアップ太郎 お題:ゆるふわ愛されお尻 制限時間:2時間 読者:206 人 文字数:3299字
なんですか。うららが教室の隅で一人震えています。最近彼氏ができて元気になったと思っていましたのに…「ハルー!!助けてーー!!」「はいはいうらら、あなたは昔から困 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ビルドアップ太郎 お題:混沌の喜び 制限時間:1時間 読者:183 人 文字数:1658字
「なんであのとき誰にも相談無く勝手に行動したんだ!」「まあまあ、たしかに律のやり方は悪かったけど、でも結果的に何の問題なかったんだからいいじゃないの」きっかけは 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
摘みと罰 ※未完
作者:ビルドアップ太郎 お題:淡い排泄 制限時間:2時間 読者:246 人 文字数:2997字
「げっ!」恵美子は同じチームを組む相手の顔を見て思わず声を上げた。「おいおい、げっ!はないだろうというか桜田もこのボランティアに参加してたんだな」そこにいたのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ビルドアップ太郎 お題:ねじれたエデン 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:500字
蛇のやろうがイブに知恵の実を食べさせようと企んでいたので、微粒子レベルで分解してやった。神の力を恐れぬ愚か者が…「イブ、見て。膝をすりむいちゃった。でも痛いだけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
野菜マシマシ ※未完
作者:ビルドアップ太郎 お題:熱い悪魔 制限時間:30分 読者:196 人 文字数:720字
「へいお待ち!」ラーメン屋店長の威勢のいい声が箱根と晶子に浴びせられた。箱根は目の前に出されたラーメンと似て非なる何かを見て、目を丸くした。「晶子さん、本当にそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ビルドアップ太郎 お題:ありきたりなキス 制限時間:4時間 読者:267 人 文字数:5940字
「ちょっとぉー!あんたまたわたしのスマホ勝手にいじってたでしょ!」「別にいいじゃねえか、ほかに暇つぶしが無かったんだから。いつも宿題見せてやってる借りだと思え」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ビルドアップ太郎 お題:明日の経歴 制限時間:30分 読者:190 人 文字数:801字
「笹原、わしはきみたち新入社員を息子のように思っとるぞ!」「はい!光栄です!」部長はいかにも好々爺といったかんじで会社の若い者たちからは慕われていた。笹原はそん 〈続きを読む〉