夏風邪の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 14 7357字 525.5字 100.0%
30分 7 5746字 820.9字 100.0%
1時間 5 5240字 1,048.0字 100.0%
2時間 3 1775字 591.7字 100.0%
4時間 4 5276字 1,319.0字 100.0%
総合 33 25394字 769.5字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:愛と欲望の、と彼女は言った 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:475字
恋の先に愛がある、と彼女は言う。「愛というものは、相手のすべてが欲しくなるものだと思うんだ。愛欲だとか所有欲だとかでも、相手と一体になりたいとかでもいいんだけど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:彼と水たまり 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:456字
「なにやってんの。」降りしきる雨の中に、見知った男の顔があった。水たまりの中央に立ち、白むほどの雨粒に叩かれて濡れ鼠になっている。ザアザアと空気を裂き地を叩く音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:誰かは時雨 制限時間:2時間 読者:52 人 文字数:420字
あいにくの通り雨ですね、最近晴れの日が増えてきてたんですけど。まあしょうがないですね、梅雨がすぐそこにいるんですもの、雨も降ります。え、比喩かって?違いますよ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:阿修羅ネット 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:636字
精神を三分割することによって作業の効率化を図る阿修羅ネットワークが出来上がり1年後。分割した精神ごとに自我が産まれる、すなわち半強制的にネットワーク上で多重人格 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:うるさい暗殺者 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:357字
「お前、ここから脱しさえすれば、地獄から抜け出せると思ってただろ。」どろどろと足元に赤が広がっていく。破れたビーズクッションみたいになった眼下の人間が、投げかけ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:メジャーな傑作 制限時間:4時間 読者:45 人 文字数:1503字
「定番の傑作っていうのは、どういうものだと思う。」「……定番の傑作?」ずいぶんふわついた問いだった。「小説とかの?」「まあ小説でいい。小説や映画、演劇などの傑作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:天才の体験 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:767字
柔らかでサラついた生地に舌が触れる。噛みついた唇でちぎり切れなかったチーズが、するすると伸びた。ソースに籠った熱が歯に沁みたが、すぐ目の前に迫っている美味の前に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:ダイナミックな電撃 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:487字
パリパリと皮膚が跳ねる、勝手に引き攣れる筋肉を無理矢理動かす。白く飛ぶ視界は一点のみ、一人の男を見つめている。今日こそは殺してみせる、今日こそは今日こそは今日こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:軽い光景 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:152字
ふと冬の景色を思い返す。重苦しくも乾いた冷たさを吸い込んだ時の、ピリピリとした鼻腔の痛みが思い起こされる。温かな室内にあがり、コートを脱ぎながら母のお帰りという 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:ナウい闇 制限時間:2時間 読者:43 人 文字数:321字
ゴボゴボとあぶくが落ちていく。殺人の末の逃走だった、どうして逃げているのかすらわからなくなるほど擦り切れた私の、死の間際の小さな抵抗。結局、延命じみた逃走劇は追 〈続きを読む〉