史季@ニューリンの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 71 45510字 641.0字 87.3%
30分 6 7712字 1,285.3字 50.0%
1時間 59 89699字 1,520.3字 86.4%
総合 136 142921字 1,050.9字 85.3%

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:熱い失敗 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:653字
「暑い……」 心躍る旅行へ行くために家を出た直後、口から出たのは真夏の常套句だった。暑い。とにかく暑い。 多分、僕がアイスクリームだったら一瞬で溶けるだろう。ア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:冬の犬 必須要素: 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:1627字 評価:1人
――私にはお姉ちゃんがいる。 一呼吸おいて、もう一度呟く。誰にも聞こえないように。本の頁と頁の間に書きつけるように。 私にはお姉ちゃんがいる。何度か呟いている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:今年の酒 必須要素:1500字以上2000字以内 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:613字
「今年から酒の値段が上がります」 当たり障りのないTVニュースが発した言葉が、退屈で満ちた部屋に投げ込まれた。退屈な夜の退屈な晩酌にとっては、最も退屈な知らせだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:官能的な夢 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:598字
「直木賞をとらない方法を教えよう」 夜2時。眠りの谷があるとしたら間違いなく沈んでいたであろう時間に、その老人はやってきた。精悍そうなひげに、理知的なメガネ。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:85 人 文字数:1334字 評価:0人
それは学校からの帰り道、押しボタンを押した時に起きたことだった。理由もなく、早く家に帰りたいと思っていた。何かの抵抗を撥ね退けるように人差し指に力を込めると「 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:ドイツ式のうどん 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:794字
「そう言われましても、当店では『わくわくセットのナポリタン』は取り扱ってないんですよ」 僕の足元にいるどんぐり達はそう言った。 秋の終わり、落ち葉の絨毯がすっか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:誰かのガールズ 必須要素:ナン 制限時間:1時間 読者:104 人 文字数:1420字 評価:0人
地球から熱が消えた……というと大袈裟だが、巷ではすっかり秋だ。人々は、暖房をつけるためにリモコンを探したり、コートにかかったクリーニングの袋を外したりしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:許せない顔 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:105 人 文字数:736字
僕は子供の頃、父親に仕事の愚痴をたくさん聞かされていた。教訓めいたものは多かったが、実際に教訓になったものはほとんどなかった。ただ1つを除いては。 それは「人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:狡猾な信仰 必須要素:出会い系サイト 制限時間:15分 読者:149 人 文字数:847字
僕はある日、自分が何の信仰も持ってないことに気づいた。あなたは、日本人は無宗教とか多宗教が当たり前だし、別に珍しくないと思うかもしれない。でも、そんな人達だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:冷静と情熱の間にあるのは食卓 必須要素:しゃっくり 制限時間:1時間 読者:125 人 文字数:1624字 評価:0人
ユイは食卓が嫌いだった。 ユイは両親と姉との4人家族で、食事は大抵4人そろって行われた。そして、この4人が揃うと、無邪気で他愛無い言葉の矛先は、ほとんどユイに 〈続きを読む〉