史季@フレンズの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 69 44244字 641.2字 87.0%
30分 6 7712字 1,285.3字 50.0%
1時間 58 88072字 1,518.5字 86.2%
総合 133 140028字 1,052.8字 85.0%

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:官能的な夢 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:598字
「直木賞をとらない方法を教えよう」 夜2時。眠りの谷があるとしたら間違いなく沈んでいたであろう時間に、その老人はやってきた。精悍そうなひげに、理知的なメガネ。だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:3月の多数派 必須要素:ハッピーエンド 制限時間:1時間 読者:54 人 文字数:1334字 評価:0人
それは学校からの帰り道、押しボタンを押した時に起きたことだった。理由もなく、早く家に帰りたいと思っていた。何かの抵抗を撥ね退けるように人差し指に力を込めると「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:ドイツ式のうどん 必須要素:離婚 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:794字
「そう言われましても、当店では『わくわくセットのナポリタン』は取り扱ってないんですよ」 僕の足元にいるどんぐり達はそう言った。 秋の終わり、落ち葉の絨毯がすっか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:誰かのガールズ 必須要素:ナン 制限時間:1時間 読者:76 人 文字数:1420字 評価:0人
地球から熱が消えた……というと大袈裟だが、巷ではすっかり秋だ。人々は、暖房をつけるためにリモコンを探したり、コートにかかったクリーニングの袋を外したりしていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:許せない顔 必須要素:ピスタチオ 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:736字
僕は子供の頃、父親に仕事の愚痴をたくさん聞かされていた。教訓めいたものは多かったが、実際に教訓になったものはほとんどなかった。ただ1つを除いては。 それは「人 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:狡猾な信仰 必須要素:出会い系サイト 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:847字
僕はある日、自分が何の信仰も持ってないことに気づいた。あなたは、日本人は無宗教とか多宗教が当たり前だし、別に珍しくないと思うかもしれない。でも、そんな人達だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:冷静と情熱の間にあるのは食卓 必須要素:しゃっくり 制限時間:1時間 読者:101 人 文字数:1624字 評価:0人
ユイは食卓が嫌いだった。 ユイは両親と姉との4人家族で、食事は大抵4人そろって行われた。そして、この4人が揃うと、無邪気で他愛無い言葉の矛先は、ほとんどユイに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:昨日食べたダンジョン 必須要素:ロシア語 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:742字
彼はこの頃、昨日食べたものが思い出せなくなっていた。それは普通の人にもあることかもしれない。だが、彼の場合は少し違う。次の日になれば、思い出すことができるよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:楽しかった悲劇 必須要素:ビール 制限時間:15分 読者:122 人 文字数:606字
『人生において、意味のあるものを創造できるのはたった一度だけだ』 僕の敬愛する小説家が、デビュー作の短編の冒頭に書いていた文章だ。僕は当時、この言葉の意味をあま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@フレンズ お題:孤独なサラリーマン 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:99 人 文字数:566字
突然、妙な頭痛が彼を襲った。まるで、遠い場所で起きた揺れをあたかも近くで起こったかのように感じさせる頭痛だった。 満員の通勤電車の中、彼は立ったままで顔を歪め 〈続きを読む〉