もふもふの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 30 24877字 829.2字 100.0%
30分 53 90444字 1,706.5字 100.0%
1時間 47 189738字 4,037.0字 100.0%
2時間 4 27724字 6,931.0字 100.0%
総合 134 332783字 2,483.5字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:もふもふ お題:フニャフニャの花 制限時間:30分 読者:418 人 文字数:1982字
美奈子の乾杯の音頭に合わせてお膳が運ばれてくる。美紗が見たこともない手のこんだ料理の数々が載せられていた。その煌びやかな見栄えに感動する間もなく、まず最初に思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もふもふ お題:誰かは小説上達法 制限時間:30分 読者:397 人 文字数:2068字
(どうしてこうなった?) 美紗の前には、聖司と星刃、美奈子の他にもう一人の中年男性が鎮座していた。その男性は見た目年の頃、五十過ぎのロマンスグレーで、上品そう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もふもふ お題:素晴らしい躍動 制限時間:30分 読者:482 人 文字数:1617字
「道具屋ですか……?」 星刃はきょとんとした顔でマネージャーの言葉に応えた。通常出演者が裏方に関わることはないので。意外な話だった。「道具屋って言っても、その人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もふもふ お題:肌寒いフォロワー 制限時間:30分 読者:452 人 文字数:1543字
「榊原星刃? ああ、澁谷系モデルの子でしょ? 最近人気あるらしいわね。結構、局の人達にかわいがられてるわよ」 美紗に訊かれて、美奈子はそう答えた。「そうなんです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もふもふ お題:臆病なむきだし 制限時間:30分 読者:480 人 文字数:1923字
「おーい! 木場ぁ! 何してる、早くそれ持ってこい!」 野太い声が、現場に響いた。「は、はい! 今すぐ持って行きます!」 美紗は作業服のまま、自分の身長よりずっ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:もふもふ お題:光の模倣犯 制限時間:30分 読者:431 人 文字数:1832字
聖司に呼ばれてやってきた男性は、歳の頃は聖司と同じか少し若めだろうか。なにより、長身で細身なのが目立つ。まるでモデルのような体型。顔も小づくりで、完全に8等身 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もふもふ お題:暴かれた料理 制限時間:30分 読者:444 人 文字数:1659字
「北海道に転勤!?」 美紗はひっくり返りそうな声で叫んだ。ある晴れた日曜日のカフェ。店内の客は皆一様に美紗の方に視線をやった。「おい、声おっきいって。みんな見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もふもふ お題:朝の絶望 必須要素:ヨーヨー 制限時間:30分 読者:478 人 文字数:1584字
「もう、朝から絶望的ぃ」 あたしは遙香。この春高校卒業したばかりの短大1年生。そして隣でボヤいているのが、あたしの親友で幼なじみの蒼空。「どうしたの? 蒼空」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もふもふ お題:贖罪の火 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:576 人 文字数:1617字
「えへへ」 と、私は誤魔化した。彼からの贈り物、それは、ダイヤの指輪だった。ちょうど私の薬指に合わせたサイズ。一体いつの間に計ったのだろうか。 もちろん、嬉しく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:もふもふ お題:調和した演技 制限時間:1時間 読者:348 人 文字数:2957字
人は誰しも仮面を被っている。あたしもご多分に漏れず、いくつもの仮面を持っている。両親に対して『いい子』でいる仮面。学校の友達に対して『いい友達』でいる仮面。先 〈続きを読む〉