カカオの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
30分 190 215780字 1,135.7字 100.0%
1時間 2 1348字 674.0字 100.0%
総合 192 217128字 1,130.9字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:少年の凡人 制限時間:30分 読者:151 人 文字数:1551字
「ううむ」 ひとりの男が頭を抱えていた。「どうにも凡人っぽさが抜けん。これでは他の連中に笑われてしまうぞ……」 己の非凡なセンスに男は苛立つ。「腐っていても始ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:激しい昼食 制限時間:30分 読者:168 人 文字数:717字
外から聞こえる爆音。 戦闘区域を離脱してなお地響きが伝わってくる。 コックピットの中にいる俺は、腰をシートに預けてメシが届くのを待っていた。 メシだけが唯一の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:東京の男祭り! 制限時間:30分 読者:177 人 文字数:806字
(うへぇ……) 駅のホームに着いた途端に、俺は溜息をついた。 ホームは人でいっぱい。 電車が少し遅れてるせいもあって、いつもの三割増しぐらいか。いつもが混んでる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:昨日の社会 制限時間:30分 読者:162 人 文字数:1445字
「杉田ー、昨日の社会のノート貸してくんね?」「あぁ、お前昨日休んでたもんな。ちょっと待ってろ」 杉田はそう言うと、机の中からノートを出して俺に手渡した。「さんき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:暗黒のお尻 制限時間:30分 読者:182 人 文字数:1317字
「まっ、待ってくれ! 働くから! 俺っ……心を入れ替えてちゃんと……!」「サヨナラ」 冷たい声で、彼女は俺に別れを告げていなくなった。 付き合って五年。 あっと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:儚い博物館 制限時間:30分 読者:153 人 文字数:1290字
「ったく、トーチャンめぇ、何も置いてくことないじゃんかよ~」 おれは地面に転がってる石ころを蹴り飛ばした。 石は木に当たった後にコロコロ転がって見えなくなった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:未熟な体 制限時間:30分 読者:173 人 文字数:1290字
ぼくにはいつもいっしょにあそんでくれるお姉さんがいる。「今日は何して遊ぼっか」 お姉さんはいつもそう声をかけてぼくにいろいろなあそびをおしえてくれた。 トラン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:奇妙な愛人 制限時間:30分 読者:176 人 文字数:1375字
ホテルの前で彼女と別れてから一分も経たないうちに、LINEにメッセージが…『今日は会えてうれしかったよ』 彼女からだ。 僕はすぐに返信する。『僕もだよ』『奥さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:弱い姫君 制限時間:30分 読者:188 人 文字数:1100字
(全ては狙い通り……フフフ) 奥沢友香は胸の内でほくそ笑んでいた。 彼女は今、大学のとあるサークルの新入生歓迎会に出ている。 居酒屋の座敷を借りて行われているそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カカオ お題:燃える嫉妬 制限時間:30分 読者:168 人 文字数:955字
私は燃え盛る学生寮を呆然と眺めていた。 学生寮を燃やしてしまったのは、私。「どうして、こんな……」 * 私は魔法学校の二回生だ。 一回生の頃からお世話になって 〈続きを読む〉