さいとの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 2 797字 398.5字 100.0%
30分 6 5338字 889.7字 100.0%
1時間 25 35087字 1,403.5字 100.0%
2時間 7 12434字 1,776.3字 100.0%
4時間 1 1766字 1,766.0字 100.0%
総合 41 55422字 1,351.8字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:さいと お題:少年の男の子 制限時間:1時間 読者:576 人 文字数:1208字
母親の腹の中からおぎゃあとこの世に飛び出したその瞬間から、 僕の中には男の子がいると、彼はそう思っていたそうです。 彼の体が成長しても中の男の子は男の子のまま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さいと お題:騙された恋 制限時間:30分 読者:509 人 文字数:684字
きっと今頃貴方は私を酷く罵っていることでしょうね。 日記帳に一人つらつら書き並べているでしょうか。それとも友人に口汚い言葉を聞かせているのでしょうか。最近だと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さいと お題:当たり前の弁当 制限時間:2時間 読者:600 人 文字数:1530字
「中学のときはさ、お母さんが毎日弁当作ってくれるじゃない」 遊具の少ないガランとした公園。ただでさえガランとしているのに木枯らしが容赦なく吹き荒ぶせいで遊ぶ子供 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さいと お題:何かのいたずら 必須要素:プチ整形 制限時間:1時間 読者:557 人 文字数:2271字
寝て起きたらパッチリ二重になってたらなあ、鼻が高くなってたらなあ。 うら若き乙女の頃そう思った女性は少なからずいるだろう。女性が美を追い求めるのは今も昔も変わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さいと お題:めっちゃ発言 制限時間:1時間 読者:535 人 文字数:1138字
「はいはいはいはい!!」 新緑の葉が濃い緑に変化しようとし、空から降り注ぐ日差しがやけに眩しい季節、の暇な朝。 そんな静かだった朝に突然の大声が響き渡る。 見れ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:さいと お題:朝の民話 制限時間:1時間 読者:589 人 文字数:747字
辞書によれば民話とは民間に口承されてきた説話であり、伝説・由来譚・世間話なども広く民話の中に入ると言う。 ならば彼女の話も民話と言えるだろう。 私は小さい頃彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さいと お題:穏やかな会話 制限時間:30分 読者:545 人 文字数:809字
「何飲んでたの?」 相手の返事も聞かずに女はその場にあったティーポットを側に寄せる。蓋を開くと空気が膨らむような花の香りが漂ってきた。それに紛れて茶葉の香りも鼻 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さいと お題:右の同性愛 必須要素:節分豆 制限時間:1時間 読者:532 人 文字数:1166字
節分にどうして豆を撒くか知ってる? 貴方が私にそう話しかけてくれましたよね。 初めて会って挨拶を交わしてから会話が続かず、やっと貴方から出たのがそんな言葉だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さいと お題:今日のゲストは男祭り! 必須要素:しいたけ 制限時間:30分 読者:572 人 文字数:1266字
固唾を飲んで見守るギャラリー。 ステージ上にはブーメランパンツ姿の筋骨隆々な男性。それと挑戦者。 それら全てを頬杖突いて眺める私。「……はよせえま」 私の苛立 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さいと お題:見知らぬ車 制限時間:1時間 読者:646 人 文字数:1280字
行く道の先を見知らぬ車が塞いでいたらあなたはどうするだろうか? そこは狭い道だった。人が横に三人並んだらすぐいっぱいになってしまうほどの狭い道。車は通れないこ 〈続きを読む〉