雨宮ヤスミの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 1911 1927037字 1,008.4字 100.0%
1時間 187 578214字 3,092.1字 100.0%
総合 2098 2505251字 1,194.1字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:裏切りの狸 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:1076字
「『昔話オールスターバトル・アルティメットウォーズ』という童話を書いたのだけれど、聞いてくれるかしら?」「タイトルが最早童話じゃないわね……」 大鷺高校文芸部室 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:走る青春 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1113字
「青春時代は走ることに費やしてきたからなあ」 太田はいつもそんなことばかり言っている。高校時代は陸上部で、その時のことを指しているのだろう。だが、前にサークルの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:たった一つの光 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1077字
腰から下の感覚がない。 右胸が焼けるように痛む。 まぶたが意思に反してどんどん落ちてくる。 霞んでいく視界に入ってくる映像は、自分の体に起きている異常の原因を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:幼い出会い 必須要素:サスペンス 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:3550字 評価:0人
こんな状況、小説やマンガの中でしかないものだと思っていた。 僕は窓の向こうを見やる。雪が激しく踊っている。猛烈な勢いで、転から地上に引っ張られているかのように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:やば、地獄 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1197字
ユイのことを時間にルーズな人間だとは思っていたが、まさか1時間も遅刻してくるなんて。 と言っても、彼女に告白した時点である程度振り回されることは覚悟していたの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:人妻の地下室 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:1184字
「ようこそ、封印回廊へ……」 大都会の地下に、その場所は広がっていた。 3メートルほどの幅しかない通路を挟んで、どこまでも続くかのような石造りの壁が立ち、そこに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ねじれたにわか雨 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1424字
市内全域は雨らしい。 スマホのウェザーアプリを見ても、そう書いてある。このアプリは気象台のデータの他、その地域に住んでいる人間の口コミも見られるのだが、それで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:気高い夏 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1035字
近年の夏は下品だ。 無遠慮に35℃以上の猛暑日を連日繰り返す。ゲリラ豪雨と称される短期間に記録的な大雨を降らせる様などは、熱帯を髣髴とさせる。「やはりこれは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:熱い悲劇 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1125字
我が家のお茶はとびきりに熱い。 母親が「お茶を入れる時は絶対に沸騰に近い温度の熱湯でなくてはいけない」と信じ込んでいるせいだ。どんないい茶葉であっても、彼女は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:秋のボーイ 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1207字
秋っぽい人、というのは褒め言葉になるのだろうか。 今年度もそろそろ終わろうかという時期に回ってきたアンケートを見て、わたしは首をひねる。 クラスで文集を作る、 〈続きを読む〉