雨宮ヤスミの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 1654 1627215字 983.8字 100.0%
1時間 144 432207字 3,001.4字 100.0%
総合 1798 2059422字 1,145.4字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:運命のオチ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:1206字
野村は大阪人が面白くてかっこいいと考えているらしく、大阪出身を自称していた。 実際は関東の名もなき県出身で、なるほどそんなところの出では大阪なんて土地に憧れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:彼女が愛した血液 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1048字
わたしは吸血鬼なの、と彼女は言った。片手に載せたワイングラスには、赤黒い液体がなみなみと注がれている。 わたしを満足させられる? 彼女はワイングラスをこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昔の殺人犯 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1016字
K市の西に位置する日暮山には謎の怪人が出るという伝説があった。 今から30年ほど前、K市で通り魔殺人が起こったのだが、その犯人が日暮山に逃げ込んだ。警察は山狩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:死にぞこないの善 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:975字
「あんたが俺を殺してくれるのか?」 真っ白い空間で、白髪に髭の老人と向き合った不二ミノルはそう言ってニヤリとした。「○す? 何故、そう思う?」 老人は厳かに問い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:シンプルな性格 必須要素:英検 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:2416字 評価:1人
2010 6 ××高等学校 普通科 中退 以上 白いな。 横に長いマスが、嫌味たらしくたくさん縦に並んでいる紙を見て、俺は顔をしかめた。 その一番上で二行しか 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い血痕 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:965字
A市のとある道路脇で女性の刺殺体が見つかった。 頸動脈を切られて殺されていたが、殺害方法に比して周囲に血痕は少ない。警察は、別の場所で殺害されてこの場所に遺棄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:穏やかなプレゼント 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1275字
「激しいプレゼントとそうでもないプレゼント、どっちがいい?」 あまり聞かれたことのない質問をされて、僕は戸惑った。「激しいプレゼントと、そうでもないプレゼント。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:帝王のいたずら 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1108字
「暗黒の帝王より、虚ろな光の下で過ごす愚かなる人間に告げる。遠足を中止しなければ、多くの人間が死ぬことになるだろう。暗黒の帝王を崇めよ……」 とある中学校に届い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:黄金の負傷 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:1013字
「呪われた金の延べ棒」の噂をご存じだろうか。 それは、今は亡きある富豪が保有していたいくつかの延べ棒の内の一つで、これを持っているものは富豪の霊に呪われるとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:秋の天使 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:946字
秋というのは儚いものだ。 少しでも暑ければ夏だし、寒くなれば冬。見失いがちな季節だ。 同じ微妙な季節でも、春は存在感がある。花が咲くし、はじまりの季節のように 〈続きを読む〉