にぼしの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 187 129239字 691.1字 43.9%
30分 44 56763字 1,290.1字 38.6%
1時間 29 62370字 2,150.7字 55.2%
2時間 13 28264字 2,174.2字 61.5%
4時間 1 1819字 1,819.0字 0.0%
総合 274 278455字 1,016.3字 44.9%

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:真実の私 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1478字
鏡を見たときに、自分がなぜこんな顔で生まれてしまったのかを悔やむようになった。とても綺麗で端正な顔立ち。みんなが私のことを綺麗だ、女優になった方がいいと言う。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:名前も知らない団地 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:757字
逢魔が時。名前も知らない団地に集まった「神小怪奇クラブ」は初の活動内容に胸を馳せていた。「せんせーはやくいこーぜ!」サッカー少年のユウキが赤いTシャツを揺らし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
サファイア ※未完
作者:にぼし お題:くさい狼 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:656字
朝にはすっかり人もいなくなり、夜の乱痴気騒ぎは眠る。昼夜の逆転した有名なカンテラ通りは1日でもっとも静かな時間となった。通学に使うことを禁じられているが、この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:遅い音楽 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:526字
僕は苛立ちを露にした。激昂したわけではないけど、視線を故意にきつくして見せた。もちろん恋人である鷹乃はなんの変化もない。だからこそ僕もこんな町中で、歩きながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:経験のないドロドロ 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:717字
気になるあの娘が公園を歩いていた。面識はないのだが偶然目があって、微笑まれた気がした。そんな勘違いが好奇心を恋に変えた。魔法のかかった心に鍵がかかることはなく 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:運命の社会 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:419字
砂粒を拾う。きっちり5粒を手に取り、空へと放る。それぞれが金となり、地上へと落ちていく。ひとつはオーストラリア近海へ。その他もヨーロッパ方面に散り、ひとつは日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
バナナ ※未完
作者:にぼし お題:名付けるならばそれはむきだし 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:617字
さまざまな文化に染まり無数の物資が流通する西半領最大の都市エリーゼ。その市場にターバンを巻いた商人が現れた。黄色い果物と称し、房で木になっているというそれは猿 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:汚れたロボット 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:808字
足元がうごめいたと思うと地面が盛り上がり、手が現れた。思わず悲鳴を上げそうになったがアイリスは口を噤む。マリオネラが駆けつけてまた「だから危険と申し上げている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:残念な関係 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:685字
「そういえば」君は振り向かずに一言、僕にだけ聞こえるように言った。艶やかな緑の黒髪を揺らしてみせる。惚れた弱み、それだけで生きている身としては背筋が伸びる言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
人の一部 ※未完
作者:にぼし お題:めっちゃ姉妹 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:445字
唇に指をくっつけて、柔らかい弾力を押して確かめる。ふにふにと軽く押すのが気持ちよく、すっかり癖になってしまっていた。口唇欲求は母乳を吸っていた子供の頃に遡る話 〈続きを読む〉