トゥーディーの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 54 49416字 915.1字 81.5%
30分 16 23440字 1,465.0字 68.8%
1時間 2 3680字 1,840.0字 100.0%
総合 72 76536字 1,063.0字 79.2%

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:愛と憎しみの嫉妬 必須要素:暗黒の瞳 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:936字
最初はただ見てるだけで幸せだった。あなたの笑顔が、たとえ私に向けられたものじゃなくても。でも、いつからだろう。私がそれに満足できなくなってしまったのは。「ごめん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:女の屍 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:923字
気が付くと俺は、暗い闇の中にいた。唯一の光源は、格子がはまった窓から差し込む月の光だけ。それに照らされるコンクリートの部屋はいつになく味気なかった。とはいえ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:僕の殺人犯 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:970字
不思議な夢を見る。頻度は少ないけど、何となく印象に残ってしまって、忘れられない。そんな夢の話をしたいと思う。いわく、夢とは記憶を整理するために見るものだという。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:夏の貯金 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:1016字
「おーい、こっち来いよー」そんな、無駄に元気な声が耳に響いた。年下のくせに敬語とか使わない、生意気なあいつ。真面目に返事するのもおっくな気がして、手を掲げて応答 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:大人の宿命 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:939字
月日は残酷に過ぎていくものだ。光陰矢のごとく。私の人生もまるで弓から放たれた矢のようにまっすぐ飛んで行った。生まれた瞬間を思い出そうとすると、頭の中にモヤがかか 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:もしかしてダンジョン 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1015字
トンネルを抜けるとそこは……冷たい闇に満たされた洞窟だった。「いやいや、トンネルの中じゃないのか、ここ」そうひとり呟く。列車の中から見える風景は、むき出しの岩肌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:うるさいガールズ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1014字
「ねえ、ねえってばー」いつもこうだ。気持ちよく俺が寝てる時に限って、君たちはなぜこうも邪魔してくるのか。そう、聞こえてくる声に耳を傾ける。反応はしない。したらつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:純白の性格 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:930字
「なんでこんなことをしたんだ!」暗い部屋で父親の声が響く。彼は血走った目で僕を見つめていた。その瞳を真っ直ぐ見つめながら、僕は告げる。「なんでって、正しいと思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:出来損ないのにわか雨 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:925字
子供の頃に覚えている空は、なぜかいつも曇り空だった。暑く暗い雲に覆われた、暗鬱な空。見上げるだけで気が滅入る筈なのに、僕は曇り空が好きだった。僕は子供のころから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:トゥーディー お題:緑の幻覚 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1040字
私たちの一生は短い。おおむね、10年といったところだ。ただ、それでも個人差というものがあって、例えば私の友人にはすでに80年生きているものもいる。私たちはその一 〈続きを読む〉