キノスケの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
4時間 18 63270字 3,515.0字 100.0%
総合 18 63270字 3,515.0字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:キノスケ お題:純白の抜け毛 制限時間:4時間 読者:355 人 文字数:1628字
透き通る、細やかな、白の、それ。私がそこで初めて認識したものは、それだった。「アルビノ」という現象をご存じだろうか。通常黒や茶色、種によってはまた他の色を示す中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キノスケ お題:不幸なプレゼント 制限時間:4時間 読者:319 人 文字数:3036字
「何これ」自宅のポストを開けた瞬間、目についた不気味な黒い手紙。横が長くて縦が短い長方形だ。大きさは、大きめの写真が入りそうなくらい。手紙の封をしているシールの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キノスケ お題:やば、つるつる 制限時間:4時間 読者:312 人 文字数:3616字
「すすすす滑る!滑る!すべ」ものの見事に転んでしまった。お尻痛い。「あーあー、何してんの。いくら初めてだからって、壁づたいに進んで転んだ人初めて見たわ」呆れたよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キノスケ お題:小説家の哀れみ 制限時間:4時間 読者:317 人 文字数:3406字
「ネタがありません」「ひねり出して下さい」何度目のやり取りだろう、これは。俺は今、担当様と話している。俺の小説の続刊についてだ。本来であれば、続刊のプロットを出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キノスケ お題:ワイルドな整形 制限時間:4時間 読者:305 人 文字数:3801字
「あっはは。良く似合ってんじゃん」目の前で笑う、科学者のような白衣を着た男。その手にはバンテージ。俺は今、この男に殴られた。似合ってんじゃん、という発言からする 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:キノスケ お題:ロシア式の小雨 制限時間:4時間 読者:422 人 文字数:5501字
俺の目の前に広がるこの光景はなんだ。数時間前に降りだした雨足は、止まることを知らないかのように、どんどんひどくなっていく。それは、今の俺の冷めきった心を表してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キノスケ お題:ありきたりな月 制限時間:4時間 読者:287 人 文字数:3376字
「今日は満月か」縁側で一緒に月を眺めていた友人がおもむろに呟く。今日の月は、透けるように黄金に輝くとても綺麗な月だ。形はありきたりな満月。だが、その美しさたるや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キノスケ お題:遅い俺 制限時間:4時間 読者:334 人 文字数:4643字
「わわ、やば、い」走りながら、遅れた場合のお説教を想像してしまった。さらに走るスピードを上げたのだが、その走り方はもはや、転がりそうになりながら走るという、滑稽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キノスケ お題:綺麗な「うりゃぁ!」 制限時間:4時間 読者:306 人 文字数:4281字
今日は休日。だと言うのに、道や公園には、人っ子一人いない。天気は快晴。暑くもなく寒くもなく、という気温だ。過ごすのもちょうどいい。しかし、やはりどこを見渡しても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キノスケ お題:茶色いドア 制限時間:4時間 読者:293 人 文字数:3294字
目の前に、二つのドアがあったとしよう。見たことがないような荘厳なドアと、どこにでもありそうな普通のドアだ。君はそれを開けるだろうか。どちらかを開けろと言われたら 〈続きを読む〉