うしあたまの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
30分 9 8559字 951.0字 88.9%
総合 9 8559字 951.0字 88.9%

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:哀れな動機 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1215字
もはやそこが学校だということを忘れ、玄葉光一は教室で煙草に火をつけていた。今日一日で、このところずっと痛んでいた肩はさらに硬直の度合いを増したようだった。始まり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:安い墓 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:806字
その墓にたどり着いた時には、すでに日は暮れかけていた。普段ならこんな時間にとてもいられやしない墓場だが、水葉は感動のあまり打ち震えて泣いた。墓に掘られた個人の名 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:孤独な諦め 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:804字
散々迷った挙句、トリニタリオ種に決めた。トリニダード・トバゴ産である。トリニダード・トバゴ。きっと変換も一発で決まらないであろうこの地名が私の興味を強く惹いた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:傷だらけの極刑 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:983字
時代が変われば、死に値する罪も様変わりする。江戸時代、幕府直轄の銀山で盗みを働いたものは即、首をはねられた。現在は人ひとり殺したぐらいでは死刑にはならない。時代 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:苦し紛れの、と彼女は言った 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1240字
男がハンドルを握るものだという固定観念に縛られるのは、往々にして男であり、そして最もがんじがらめに縛られているのは、孤独な男である。文緒と付き合うようになってか 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:昨日の海風 必須要素:BMW 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:967字
意味がわからなかった。ひどくモヤモヤするものを抱えて家を出た。跨ろうとした自転車のサドルに鳩のフンが付着しているのを見て、さらに不快な気分になる。どういうことか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:早すぎたドロドロ 制限時間:30分 読者:152 人 文字数:901字
信吾はまさか自分がこれほどまでに少女に恋をするとは思っていなかった。高校、大学と多くの人間が恋にのめり込む時期に、彼は勉学にその身を注ぎ込んだ。決して女性に興味 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:地獄の海 制限時間:30分 読者:160 人 文字数:809字
多くの観光客でにぎわう江ノ島の海。浜辺で城の砂を築く子供、友達を抱え上げ海中に投げ落とす高校生、犬を連れ波打ち際を散歩する老人。そんな夏の海が突如地獄の入口へと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うしあたま お題:トカゲの殺人 制限時間:30分 読者:149 人 文字数:834字
その日以来、私の生涯は一匹のトカゲを○すことに捧げられた。トカゲといっても、虫を食む小型で可愛らしいタイプのものではない。動物を狩る、巨大で醜悪な姿をしたコモド 〈続きを読む〉