イモの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 24 10132字 422.2字 95.8%
総合 24 10132字 422.2字 95.8%

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:これはペンですか?違うわ、それは艦隊 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:489字
雷光に似た何かが、分厚い雲を突き抜け、凄まじい速度で一直線に突き進む。 文具兵器『シャープ・ペン』は、先程撃ち込まれたボールペンよりも威力は低いものの、低コス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:犯人は会話 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:604字
影口の途中で、主題になっている人物が戻ってくることがある。私は、やってしまったなぁ~と反省した。イジメそのものにではなく、悪口が漏れたことに申し訳なさを感じた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:これはペンですか?違うわ、それは撃沈 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:236字
ゆっくりと体が降下していく感覚がある。私が目を覚ますと、そこは水の中だった。 キラキラと輝く太陽が滲んで見えて、とても綺麗。……でも苦しい。 それほど水中に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:勇敢な策略 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:468字
「俺がオトリになる。その隙に逃げろ」 そんなセイルの言葉を、ユタは即座に否定した。「嫌だ、嫌だよ」「でも、このままじゃ二人とも死ぬぞ」「だけど……もっと考えれば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:振り向けばそこに紳士 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:203字
「すみません、これ、落とされましたよ」 声を掛けられて振り返ると、お洒落なニットハッチングが似合うお爺さんが、にこやかな笑みを浮かべて立っていた。「スマホと、お 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:イモ お題:情熱的な机 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:486字
隣の席の佐々木くんの机はいつも物が多い。 引き出しの中身もパンパンに詰まっていて、入りきらないから、そのまま放置しているらしい。机の上には本やノートの類が乱雑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:秋の天国 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:439字
芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋……何をするにしても秋は心地良い。 それらの三つだけでなく、秋は全てを肯定してくれているのではないかとすら思う。夏や冬のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:10の動機 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:572字
憎い、嫌い、許せない……えっと、他に何だっけ? 結構あった気がするんだけど……忘れちゃった。 でも問題無いよ、あなたが私にやったことの事実は消えないから。 拘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:阿修羅車 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:368字
「ひゃっはぁぁぁぁ!!!」 付喪神を取り込んだ道具が開発されたのが今から十年前。それらの『エンシェントアイテム』と呼ばれる物が更なる発展を重ね、ついにはプログラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イモ お題:苦いテロリスト 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:504字
良薬は口に苦し、ということわざがある。ためになるものは、感覚的には不快なものだ。という意味だ。つまり、俺達の行動は世界を救うということじゃないだろうか? 散弾 〈続きを読む〉