青猫亭たかあきの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
30分 16 11287字 705.4字 100.0%
1時間 52 60790字 1,169.0字 100.0%
2時間 4 7721字 1,930.3字 100.0%
総合 72 79798字 1,108.3字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:明日の小説家たち 制限時間:1時間 読者:293 人 文字数:1086字
つまりは筒井康隆の『大いなる助走だ』と、奴は言った。 商業作家という到達点にすら辿り着けない、延々と続く修行という名の助走。「別に商業作家になりたいわけではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:生かされた会話 制限時間:1時間 読者:353 人 文字数:1044字
菜の花が好物なので、毎年春先になると大量に買い込んで冷凍保存して、初夏になるまで辛子和えやパスタの具材として頂くのがここ数年の習慣になっている。家族は苦みが苦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:オチは爆発 制限時間:1時間 読者:269 人 文字数:1338字
誰かが呼んでいる声が聞こえたような気がしたが、気のせいだと思い直す。 そもそも、もう周りには誰もいない。みんな死んでしまった。殺されてしまった。 世界に牙を剥 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:不屈の小説トレーニング 制限時間:1時間 読者:282 人 文字数:1715字
遺跡はあるが、辿り着くのはとても無理だと地元民に忠告された。 下調べをする限りでは確かに、通常の連中だったら命がいくつあっても足りない難所揃いの道程しか存在せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:ひねくれた勝利 制限時間:1時間 読者:309 人 文字数:1380字
昔は、あんな人ではなかった。 良く聞く言葉だから、昔はそうでなかったのに『あんな人』になってしまう人間など珍しくないのだろう。 だが、それが自分の身内で、更に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:地獄失敗 制限時間:1時間 読者:357 人 文字数:1462字
僕の携帯に彼女からメールが届いたが、既に読む気は欠片もなかった。どうせ『これが最後のチャンスです』という書き出しと共に延々と復縁を迫る内容が上から目線で限界字 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:私の囚人 制限時間:1時間 読者:334 人 文字数:1793字
『お嬢さんをオレに下さい!』 言い慣れない言葉に不安を覚えて何度も何度も練習を重ねた末に本番に望んだオレは、実にお約束だが、本番でうっかり『お父さんをオレに下さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:大人の社会 制限時間:2時間 読者:371 人 文字数:2031字
口元を抑えながら喉の奥から這い上がってきたものを吐き出すと、掌が泡の混じった鮮血で染まった。酷く肺をやられたらしく、どう足掻いても長くは保ちそうにないが動揺は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:忘れたい女祭り! 制限時間:2時間 読者:365 人 文字数:1553字
私が住んでいるアパートからさほど離れていない小さな商店街には、何故か同じ通りに花屋が二軒あった。それも商店街の中程に他の数店舗に隔てられた恰好で二軒だ。元々か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青猫亭たかあき お題:かゆくなる天井 制限時間:2時間 読者:368 人 文字数:2099字
いったい何年ぶりの帰郷になるのか、俄には思い出せなかった。 そもそも、余程のことがなければ、例え一時的であろうと帰る気など無かった。 生まれ育った家は敷地内に 〈続きを読む〉