にじいろスコープの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 6 7641字 1,273.5字 100.0%
30分 30 56135字 1,871.2字 100.0%
1時間 45 177997字 3,955.5字 100.0%
2時間 19 119787字 6,304.6字 100.0%
4時間 3 26028字 8,676.0字 100.0%
総合 103 387588字 3,763.0字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:にじいろスコープ お題:進撃の帰り道 制限時間:1時間 読者:579 人 文字数:5423字
上空の空を覆い隠す密度の濃い鈍色の雲から、アスファルトを穿つほどの勢いで大粒の雨が降り注ぐ中、その男は傘も差さずにスクランブル交差点の手前で立ち尽くしていた。美 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にじいろスコープ お題:永遠の瞳 制限時間:15分 読者:443 人 文字数:1451字
その家は防風林となっている松林の向こうの海を見下ろす坂の途中にありました。造りは旧いものでしたが、二階建ての小さなその家は見ているだけでぬくもりが伝わってきそう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にじいろスコープ お題:東京暴力 制限時間:30分 読者:537 人 文字数:1465字
川風が夏の日差しに洗われた緑のにおいを運んでくる。昼間、短い地上での生を一斉に謳い上げる蝉たちの合唱に代わり、低く唸るような声を響かせる蛙たちは、今晩は少しおと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にじいろスコープ お題:悔しい勝利 制限時間:1時間 読者:547 人 文字数:5735字
「ではまず、両手をしっかりと組んでください。そう、お祈りをする時のように」恰幅のよい体躯を仕立てはいいが、ひと昔前のデザインのスーツに包んだ男性がよく通る声で言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にじいろスコープ お題:俺は弔い 制限時間:30分 読者:499 人 文字数:1672字
タイトなブラックスーツを纏った、その背の高い痩せた男は空港のロビー内にある喫煙スペースでタバコをくゆらせていた。広いロビーの一角に設けられた喫煙スペースはガラス 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にじいろスコープ お題:鋭い帝王 制限時間:30分 読者:199 人 文字数:1501字
「おじいちゃん、おしょうゆとって」「はいはい。こぼすんじゃないよ」老人は食卓の向かいに座った幼い孫娘に醤油の小瓶を差し出す。「エリカったら。ダメでしょう?人参よ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にじいろスコープ お題:アルパカの哀れみ 制限時間:15分 読者:218 人 文字数:1035字
始発は思いの外、混んでいた。疲れた身体を古いタオルのようにシートに伸ばしている徹夜明けと思しきサラリーマン。夜遊びの残り香を纏わせて、けばけばしいメイクも剥がれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にじいろスコープ お題:私と顔 制限時間:30分 読者:234 人 文字数:1458字
『七夕スペシャル』“milky milky lovely night”無数の星々が織りなす幾重もの霜が層となり、悠久とも思える刻の流れを綴る多くの夜を数えた後。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にじいろスコープ お題:許せないお金 制限時間:30分 読者:254 人 文字数:2666字
スカイブルーの吐瀉物を便器にぶちまけながら、(一体何を飲んだらこんな色のゲ○が吐けるのだろう)と自問しながら、それでも美樹は吐き続けた。自分が何分、いや何時間、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にじいろスコープ お題:死にぞこないの汁 制限時間:30分 読者:203 人 文字数:2391字
協議の結果、週末の夕食はタイ料理に決まった。以前勤めていた会社から独立し、およそ3ヶ月かけて自分の事務所を立ち上げた坂木浩二の新しい船出の祝いを兼ねた食事会だ。 〈続きを読む〉