前田の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 332 307524字 926.3字 78.3%
1時間 1 3955字 3,955.0字 100.0%
総合 333 311479字 935.4字 78.4%

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:シンプルな家事 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1202字
どうしてもと言われたので、やむなく家事を行うことにした滝本誠は、早速、掃除を開始した。自動掃除機が縦横無尽に駆け回り、ありとあらゆるゴミを回収していき、ついに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:真実の第三極 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:961字
南極と北極を制覇した暁には幻の三極目と言われる西極に到達するのだと意気込んでいた滝本誠であったが、北極での不慮の事故により、西極などはないということを知ってし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:黄色い性格 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:1193字
誰が観てもカレーマニアだとしか思えない人間である滝本誠は、その実、カレーマニアなどではなくて、信号機マニアであった。より厳密には黄信号マニアであり、来る日も来 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:秋の母性 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:1006字
秋がついに目覚め、夏は死んだ。季節のことだと思ってあくびをしながら聞いていた滝本であったが、話は次第に親が二回離婚しているのだとか、小学生の頃の牛乳早飲み合戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:ワイルドな血 制限時間:15分 読者:79 人 文字数:837字
野生の血が騒ぎ出したせいで滝本誠の安眠はあっという間にジャングルも同然となった。まずは夢である。彼が体験してきた全ての甘い瞬間は夢に垂れ流され、山盛りの五円チ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:前田 お題:捨てられたサーブ 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:591字
いい加減に現代社会に辟易していたところ、滝本誠は突如として現れた巨大な渦に巻き込まれ、気づけばどこぞの廃墟に倒れていおり、そこから親切な外人に助けられてわかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
貯金 ※未完
作者:前田 お題:イギリス式の貯金 制限時間:15分 読者:77 人 文字数:8字
5円貯まった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:忘れたい笑顔 制限時間:15分 読者:95 人 文字数:972字
どうあがいていも記憶が消えてくれない滝本誠はついに最終手段として脳を外部に移植することを発想した。具体的な方法論など何もないまま、とにもかくにも、頭蓋を開かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:茶色い愉快犯 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1014字
試験問題の解答を誰かれ構わずバラしまくっているタイプの妖怪を捕まえるべく、妖怪ハンター、滝本誠は渋谷へと飛んだ。飛翔である。彼は個人で旅客機を持っているような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:前田 お題:不思議な眠り 制限時間:15分 読者:83 人 文字数:1030字
ホットミルクによる安眠が約束されたその日、滝本誠は既に恨みを買っているという過去に翻弄され、呪いをかけられた。対象の肉体の一部、あるいは所持品などを必要としな 〈続きを読む〉