制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 712 625945字 879.1字 87.2%
30分 5 8200字 1,640.0字 100.0%
1時間 93 183900字 1,977.4字 94.6%
2時間 1 1723字 1,723.0字 100.0%
4時間 1 3118字 3,118.0字 0.0%
総合 812 822886字 1,013.4字 88.1%

ユーザーアイコン
別腹 ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:フォロワーのネット 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1026字
「何か食べたのか? 今日は」 首を横に振ると、オレールはあいまいにひきつった笑いを見せた。 僕は何も食べたりなどしない。はじめて言ったときは、オレールは、最初は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:楽しいしきたり 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:680字
「ここでは、息をしてはいけない。わかったか?」 兄さんが扉に手をついた。それから、ほこりで小さく咳をした。その様子を見ていると、私もなんだかいたたまれなくなり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:青い彼氏 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:516字
同好の士にのみほんのわずかにわかる、同類としての感覚。感覚としてはぼんやりした空気。同じ波長。街角で見かけたら、それを追いかけるのが、私の悪趣味な趣味の一つで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:ねじれた女 必須要素:ミュンヒハウゼン症候群 制限時間:1時間 読者:83 人 文字数:1511字 評価:4人
古びた居酒屋の電子ディスプレイに映し出されたアイドル。壊れかけたロボット・アイドルが、ロボット特有の音域で叫び、かすれた声で歌っている。 痛々しい声だと思った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:うるさい雑踏 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:650字
人を隠すなら人の中、という。 何者でもない自分を確かめてみたくなったタヌキは、にんげんの雑踏に紛れ込んでみることがある。人ごみの中であれば、多少みてくれがヘン 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:正しい公認会計士 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1109字
「命の値段はいくらになるのでしょうか」「あー、えー……すみません。少々お待ちください」 非公認の会計士は、さんざんさんざん絶句して、おそらく受話器の向こう側で頭 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:僕と芸術 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:827字
あめふりの日だった。ひどい雨だった。人はいなかった。通りはとても静かで、びゅおびゅおと風が吹いてきては、完璧主義者が見たら卒倒しそうなくらいいろいろなものを、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:今日の事件 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:761字
「今日は何があったの、マフィー」 マフィーは尻尾を振ると、黙って玄関へと進んだ。アシルが重い扉を開いてやると、賢い犬はポストに飛びつき、見事に新聞をくわえとると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:あきれた寒空 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:962字
「寒いね」 オウルは言ったが、しかし、寒いのは好きだ。寒い日にはキンデの声が透き通って良く聞こえるし、寒いから、行動していると自然と身をぴったり寄せ合うようにな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:小説の中のもこもこ 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:511字
ちょっと背伸びをしようと小説を閉じた。なにかを挟んでしまった感触があった。驚いて再び本を開くと、156ページと157ページが貼り付いていた。 机の上はよく散ら 〈続きを読む〉