制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 822 716063字 871.1字 87.1%
30分 7 10206字 1,458.0字 100.0%
1時間 103 197040字 1,913.0字 94.2%
2時間 1 1723字 1,723.0字 100.0%
4時間 1 3118字 3,118.0字 0.0%
総合 934 928150字 993.7字 87.9%

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:有名な眠り 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1095字
「まるで死んでいるみたいだな」 ホルツの声は震えていた。語尾に、「死んでいるように見えるが、生きている」というニュアンスがにじんでいた。目の前のジョアンは、たし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:犬の友人 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1246字
俺が前足で、アイツが後ろ足。そういう役割分担だった。 墓を荒らして、俺が死体にロープを引っかける。そしてそのままずるずるひっぱる。それで、アイツが後ろ足を持つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛と憎しみの情事 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:1049字
焼けるように背中が痛んだかと思うと、私の背中に突起が生えていました。何事かと思って数センチ引き抜くと、ようやくナイフだということが分かりました。ぽたぽたと血液 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
既読スキップ ※未完
作者:ぽつタイプライター お題:うへへ、表情 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:620字
同じ話を二度と聞くことができない。 同じ内容の話を聞くと、早回しの動画みたいに、びゅんびゅんと耳元を過ぎ去ってゆくのだ。何を行ったのか理解はできるけれども、す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:絵描きの家 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:524字
絵描きの家の窓は、絵の具でできていた。繊細な筆遣いがいもしない太陽を照らしている。絵描きはざらざらした布で表面の絵具をこそぎとり、ハイライトをくわえた。 絵描 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:愛の秘部 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1049字
兄の遺言書にはセロテープで家の鍵が同封されていた。本文は特になかった。タイトルもなかった。それは本当にただの白い事務用の封筒だった。 たぶん、死ぬ気なんてなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:楽しかった芸術 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:847字
行き先の道には、白く点々と石が続いていた。道標はすでになく、森は黒々としていた。そういえば昔、おかげで家に帰れず、道に迷ったことがある。 お使いの途中で、まだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:いわゆる税理士 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1160字
「それではもらっていきますね……」 悪魔の声は、ぼそぼそとした声だった。顔をあげもしない。ひょいとなにかつまむようにひねると、体がすこし軽くなった。これぞ魂の重 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:ぽつタイプライター お題:光の手 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:391字
ぐい、と何かに引っ張られるような感触がして、私は後ろ向きにこけた。目の前をギロチンが横切っていった。運が良い、というには作為があった。誰かが自分をその場にとど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:僕とデザイナー 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:1206字
「どんな自分になりたいか、イメージしましょう」僕は白い犬を浮かべた。「それでは、どうやったらそれに近づけるのか、3項目考えてください……」そこで思い違いに気が付 〈続きを読む〉