タチバナの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 5 3314字 662.8字 100.0%
30分 3 3531字 1,177.0字 66.7%
1時間 50 101985字 2,039.7字 96.0%
総合 58 108830字 1,876.4字 94.8%

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:昨日の地下室 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1893字
おじいちゃん家の敷地内には、お家以外にもいくつかの土蔵がありました。お米を貯めておくためだとか、畑で取れたお野菜を漬けておくためだとか、使い方によって分けられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:すごい目 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1728字
「あ、もしもし。夜分遅く申し訳ないのですが急患って受け入れてますか?」「おい京華」「あーそうなんですね。失礼しましたー、はい、はーい」 なるほど、精神科って深夜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:空前絶後の外資系企業 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:1865字
日本で急成長するには、悲しきかな日本を見捨てなければいけない。 全てを見捨てろというわけではない。悪しき風潮を払拭しろと、そういう話をしているのだ。 長時間労 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:素朴な山 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1045字
目を開けると、そこには柚乃お姉ちゃんの寝顔があった。吐息すら交わってしまうくらい、近くに。 咄嗟に声が出そうになったけど寸でのところでひっこめた。身じろぎ一つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:遅い境界 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:2165字
深夜の公園に鈍い打撃音が浸透するように鳴り響く。喉を酷使して発する絶叫は聞き苦しく、聞いている身としてはひたすらに不快だ。「痛いですか? 痛いですか? 安心し 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:すごい旅行 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1974字
「水筒は持った?」「……うん」「着替えと、寝袋は?」「……うん、持ってるよ」「よろしい! あとはお姉ちゃんが全部持っていくからね。それじゃあ――」 出発だ! と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:見知らぬ外側 必須要素:鶏肉 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1107字
町全体に重い轟音が響き渡りました。壁に射出された鉄球はピンボールのように跳ね返り、無人の家屋に突き刺さりました。 絶えることなく攻撃は行われ続けます。爆弾にハ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:静かな朝飯 制限時間:1時間 読者:74 人 文字数:2232字
「私たちに時間が戻せる力が宿ったとしましょう」 と、シオンは人さし指を立てて言った。 閉じていた目を開け、一つ一つ情報が流れ込んでくる。太陽の光が差し込む無人の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:都会の彼女 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:1667字
彼女との待ち合わせは、いつも村はずれにある寂れたバス停だった。 それは五年くらい前に廃線となり機能しなくなったバス路線の一つ。山奥にある限界集落と山のふもとに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ お題:打算的なデマ 制限時間:1時間 読者:124 人 文字数:1516字
噂話が好きだった。嘘か真かわからない、出所さえも掴めない煙のようなリアルなフィクションは私の胸を躍らせた。 あの人とあの人は付き合っている。この学校には七不思 〈続きを読む〉