存在の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 36 30763字 854.5字 80.6%
30分 4 6114字 1,528.5字 50.0%
総合 40 36877字 921.9字 77.5%

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:青い女の子 必須要素:バッドエンド 制限時間:15分 読者:150 人 文字数:990字
水平線が遠い。遠い視線の先で水色の空と、深い青色の海はどこかでつながっている。肌がじりじりと焼けていくような錯覚を覚える日差し。先ほどまで周りは海水浴を楽しむ沢 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:走る暴走 必須要素:幼女 制限時間:15分 読者:233 人 文字数:839字
世界で一番幸せな時間とは程遠い。狂ったかのような叫び声が僕の横を通り過ぎていった。そうして遠くなって、また戻ってくる。乱暴な足音と共に。僕はソファにもたれかかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:君と血 必須要素:時限爆弾 制限時間:15分 読者:207 人 文字数:954字
じっじっじっじっじっああ、ああ、どうしよう。いったい全体どうしよう。ぼくのこころは今、まさに、時限爆弾のように、大きな音をたてて時を数えていた。灰色のひらべった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:それいけデマ 必須要素:義眼 制限時間:30分 読者:240 人 文字数:1903字
「ちょっとお。私のお目目、かえしてよお。」ぐすん。半分泣きながらアーモンド・ガールは文句を言った。絵美にすがっている。アーモンド・ガールの、其の名のとおりアーモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:2つの雑草 必須要素:三島由紀夫 制限時間:30分 読者:273 人 文字数:1433字
金魚が、すーっと横切って波紋をつくった。赤いべべきたかわいい金魚。そのうちしんじゃう、かわいそな金魚。「おぉい」「なんですかあ」水色のちっちゃなプールに散らばる 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:存在 お題:綺麗な手 必須要素:イギリス 制限時間:15分 読者:240 人 文字数:723字
すぅーっ、魚の腹のような白さをもった手が伸びる。あまりにも青白く、ランプの光にあてられ静脈が透ける限りなく透明なそれは神聖な何かに見えた。すらりとのびる指が、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:くさい表情 必須要素:衝撃の展開 制限時間:15分 読者:225 人 文字数:1098字
麗華はオンナノコだった。夜のネオンが麗華の生きる光だった。ネオンがちかちかと光りだす頃麗華は動き出して、ぷつんと切れる頃に寝た。麗華は、今日も生きるために時間を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:愛すべき就職 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:15分 読者:294 人 文字数:941字
ちゅうしようかなあ。ソファに横たわって眠るミカをみながら、修二はぼんやりと考えていた。大体いつもぷるぷるの唇も、眠ってしばらくたつ今は乾燥し始めていた。それでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:愛すべき列車 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:393 人 文字数:828字
下駄箱の中をそうっと覗くと、自分が今朝、家を出るときに履いてきた、踵のところが潰れてる革靴の上に何かが乗っかっているのが見えた。「うわっ」思わず声が出る。少しし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:存在 お題:栄光のユートピア 必須要素:信仰 制限時間:30分 読者:269 人 文字数:1208字
六月のはじめのころだった。緑はきらきらと輝きをましていって、春と夏の隙間のような、そんなころだった。母は死んだ。リビングで首を吊っていた。その日はとてもあつくて 〈続きを読む〉