明日香の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 129 64560字 500.5字 80.6%
30分 59 52837字 895.5字 83.1%
1時間 10 10848字 1,084.8字 100.0%
2時間 2 4338字 2,169.0字 50.0%
4時間 1 2769字 2,769.0字 100.0%
総合 201 135352字 673.4字 82.1%

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:明日香 お題:あいつの弔い 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:760字
ナイフは研いだ。覚悟も決めた。あとは震える体に気合を入れて、目的地に向かうだけだ。 生まれたばかりの朝日がカーテン越しに青い光を投げかけてくる。硬いベッドの上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:とびだせ水 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:691字
子供の頃学校のプールで溺れて以来、水が恐怖だった。風呂くらいの広さならまだ平気だが、旅館の大浴場ほどの広さになると足がすくんで指の先が震えてくる。水恐怖症。や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:寒いピアニスト 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:773字
もう限界、これは本当にやばい、いやいやもう無理でしょ、というところまで来て、私は指を止めた。鍵盤の音が止み、外で暴れる吹雪の音が、柔らかい地鳴りのように聞こえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:今の絵描き 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:808字
白が一番早く無くなることが多いと先生はいっていたけれど、僕の場合は黒だった。 図工の時間で一番好きなのは、自由に絵を描いていいといわれたときだ。クラスの皆は犬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:女の弔い 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:762字
なぜ泣かないのかと問う人は、悲しみの表現方法が涙だけだと思いこんでいるのだろうか。 それをいったのは夫の親戚だった。この日が私と初対面ということは、夫の生前も 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:冬の女 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:673字
冷たい結晶を作り出す。最初は小さく、段々と雪だるまを作るように大きくしていくと、拳大の結晶が完成した。白く光るそれを頭上に浮かせ、音速に近い速さで打ち出す。ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:明日香 お題:わたしの嫌いな彼氏 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:800字
人を嫌いにならないように生きてきた。 いや、嫌いな人はいたけれど、なるべく表に出さないように生きてきた、といったほうが正しい。別に親からそう教えられたわけでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:明日香 お題:臆病な事件 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:949字
だれかを○すのは子供の頃からの夢だった。握ったナイフが相手のみぞおちに潜り込む感触を思い浮かべるだけでよだれが出る。とにかく同じ人間という種族を殺したかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明日香 お題:興奮した極刑 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:944字
死刑に処されることだけを胸に今日まで殺してきた。 もし邪魔されなければ一億人だって殺しただろう。ただ勘違いしないでほしい。私は快楽殺人鬼ではない。人を○すこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:明日香 お題:男の酒 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:763字
後にも先にもその夜だけだった。泣きながら酒を飲む父を見たのは。 貧しい家だった。本当は高校に行かせるお金もないのはわかっていたから、中学を卒業したら働くつもり 〈続きを読む〉