カ クの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 14 9345字 667.5字 100.0%
総合 14 9345字 667.5字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:たった一つの正義 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:726字
後楽園はだめよだって人がいないから。ロマンスグレーの髪の毛をしきりにいじりながら、大きな声でそうつぶやいている。大きな声なのにつぶやいてるなんてちょっと間違って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:失敗のパソコン 制限時間:15分 読者:76 人 文字数:245字
冬の朝はほぼ夜のままで、黒々とした暗闇の中で、街灯の白い光が、わずかに緑色に色づきながら一定の範囲を照らしている。まだ星が強く光っていた。冷え切った空気が一枚の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:初めてのアレ 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:644字
改札を出た先にある売店の壁にはサイネージが光っており画面は今日の星座占いが五位まで表示されている。自分の星座が四位に入っているのが見えたがサイネージの前には恰幅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:彼女が愛したパイロット 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:685字
目の前で改札に吸い込まれていく磁気定期券を見て、昨日もこの後ろを通ったと思う。目の前の後頭部、黒いショートカットの後ろ側、見覚えがある背中だった。磁気定期券が吐 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:煙草と出会い 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:456字
冬になった。吐く息が白くなるのを見ると、毎年のことなのに少し驚く。夏は息のかたちが見えないのに冬は見える、夏に見えて冬に見えるものの正体を眼前にくゆらせる。それ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:苦しみの冤罪 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:743字
きみが、きみがね、たとえばGoogleMapで「ここではないどこか」を検索したって、ここから徒歩三分もかからないような場所しか出なくって、そしてそれでもそこに向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:プロの男の子 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:670字
丸くて小さい手鏡を買った。カバーが赤色で、鏡自体にはなんの枠もついていない、いたってシンプルなものだった。ウェブサイト上の画像しか見てないから、実際自分の手のひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:115 人 文字数:588字
朝から強い雨が降っていて、遅刻しそうな身体が、一瞬ひるんですぐに駆け出す。雨のせいかぐんと冷え込んでいて、雨だと暖かくなるときもあるのに、と思う。スタスタと足早 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:僕の好きなカラス 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:774字
駅前にはいろんなものが集まりやすく、吸い込まれたり吐き出されたりする人々でいつもごった返している。その中を、誰より早く道を急ぎたい気分になったり、せかせかとする 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:あいつの整形 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:637字
すきっ歯をその笑顔にみとめる。綺麗に並んだ歯は小ぶりで、顎の大きさと少しアンバランスなようだった。きちきちと前歯から並んでいって、犬歯のあたりに隙間がいくつかあ 〈続きを読む〉