御御屑 双子の即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 16 7159字 447.4字 75.0%
30分 20 14569字 728.5字 95.0%
1時間 25 38445字 1,537.8字 72.0%
2時間 6 18664字 3,110.7字 100.0%
総合 67 78837字 1,176.7字 82.1%

ユーザーアイコン
作者:御御屑 双子 お題:生きている善意 必須要素:血痕 制限時間:30分 読者:502 人 文字数:889字
「グミ、食べる?」 そう言った君の目はこっちを見ていなかった。私もそっちを向かなかったので実際はどうだったかわからないが、たぶん君はこっちを向かなかった。 私た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:御御屑 双子 お題:嘘の旅行 必須要素:えへへ 制限時間:30分 読者:567 人 文字数:1021字
「ヒトノウワサモシチジュウゴニチ? 合ってる?」 最近髪を短くした彼女が、小首を傾げて尋ねてくる。正直、とってもかわいい。「合ってる合ってる。75日ね」 彼女は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:御御屑 双子 お題:振り向けばそこにローン 制限時間:15分 読者:581 人 文字数:112字
最近全然書けません。どうしましょ。あ、前から大したもの書けてないですかそうですか。これはスランプですよ。まぎれもないだって、私このお題見た瞬間に某魔法学校の生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:御御屑 双子 お題:飢えたにわか雨 制限時間:30分 読者:670 人 文字数:589字
小説家が小説家を書き、その小説家がさらに小説家を書いており、その小説家が小説家を書く。そんな合わせ鏡的現象についてぼんやりと考える。無限に続いている物事を考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:御御屑 双子 お題:情熱的なボーイ 制限時間:30分 読者:623 人 文字数:1164字
「洋楽はね、好きだよ。好きなんだけどね、たまに聴いていてあまりにも自分に似合わない曲があったりすると可笑しくなってきちゃうんだ。それと同じなの。私にとってあなた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:御御屑 双子 お題:君とむきだし 必須要素:衝撃の展開 制限時間:15分 読者:580 人 文字数:594字
裸子植物とか食虫植物とか。とにかく彼女は普通の植物ではなかった。森で見つけたときは不思議だと思ってつい持って帰ってきてしまったが、今となっては彼女のことを少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:御御屑 双子 お題:憧れの汁 必須要素:スニーカー 制限時間:1時間 読者:535 人 文字数:1709字
今まで誰にも大きいなんて言われたことのないこの手でもさ、いつか「ママの手おっきいねぇー!」なんて言ってくれる存在がこの世に生まれてきてくれるのかな。 こんな気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:御御屑 双子 お題:かたいにおい 必須要素:しいたけ 制限時間:30分 読者:668 人 文字数:900字
私はシイタケを食べるとき、きまって中学1年生のときに担任だった先生のことを思い出す。先生はシイタケが嫌いだった。他にも、ニンジンやホウレンソウが苦手だった。ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
雪の彼女 ※未完
作者:御御屑 双子 お題:僕が愛した大雪 制限時間:15分 読者:593 人 文字数:628字
今から「もしも」の話をする。いいか、もし、だ。もし僕が、少女マンガなんかでよくある「夢に出てきた人に恋しちゃう」みたいな事態に陥っていたら、君はどう思うだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:御御屑 双子 お題:未来の黒板 制限時間:1時間 読者:814 人 文字数:1373字
私の住んでいる市はまあまあ栄えていた。いわゆる副都心てやつだ。しかし私の住んでいる町はそう賑わいのあるものではなかった。ベッドタウンのベッドタウン、みたいな。 〈続きを読む〉