ダツの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 184 196936字 1,070.3字 100.0%
1時間 2 8009字 4,004.5字 100.0%
総合 186 204945字 1,101.9字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:ワイルドなあそこ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1110字
あそこに立てれば、どことなく、俺はワイルドになれるのではないだろうか。なんの根拠もない。ないが、それでもどこか魅力的なものがある。 一歩一歩近づいていきながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:うるさい犬 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:773字
犬ってすごく可愛いですよね。 なんてことを私はいつ言ったのかは覚えていませんが、ですが犬はもちろん可愛いのです。 それでいて、こうやってほぼ毎週一緒に散歩に出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:当たり前のガールズ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:988字
パタパタ。パタパタ。パタパタパタパタ。「ちょっと、ベッドの上で足をパタパタしないでよ。ホコリ舞うし」 パタン、パタン。クイックイッ、パタン。「脚で返事しないの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:日本映画館 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:897字
別に出掛ける理由なんてなんでもよかった。とりあえず映画を観にいこうと誘ってみた。そうしたら彼は良いよと答えてくれた。 だから今日こうして、駅前の広場で待ち合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:謎の彼女 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:1023字
どうしてこうなったのかわかりません。ただ一つだけわかるのは、今日は雨が降っているということです。 大半の人間が天気予報で午後から雨が降るということ知っており、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:元気な、と彼女は言った 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:863字
その日は雨であったことだけで、代わり映えしない日です。よくある雨の日以外に表現しようがありません。それくらいの平々凡々な雨の日のことです。「困った」 彼は学校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:大人の暴力 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:1394字
「大変だ! おまけ入りのポテトチップスを全部買われてしまった!」 昔々、では有りませんね。ポテトチップスが出てきているということは昭和以降の時代でございましょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:ぐちゃぐちゃのダイエット 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:994字
ぐるぐるバットダイエットとはなにか。それはバットを地面に立てて、グリップエンドに頭をつけまま、そこから円を描くようにぐるぐると回る。三半規管が鍛えられて、遠心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:夏の殺人 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1047字
夏は楽しいことばかりだ。朝早く起きればプールに行き、昼もどこかへ遊びに行き、夜は花火をやればいい。そんな最高の季節であることには間違いない。 ただ、それでも嫌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:わたしの好きな団欒 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:820字
ぼーっとした顔で月を見ている男が一人いる。左手はベランダの手すりにかけて、右手にはガラスの空コップを持っている。月見酒といえば格好がつくのだろうが、なにせ私た 〈続きを読む〉