楡原ぱんたの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 1 551字 551.0字 100.0%
30分 12 8125字 677.1字 100.0%
1時間 1 797字 797.0字 100.0%
総合 14 9473字 676.6字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:君と信仰 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:518字
「わたしは無神論者だけれども、宗教は入っているし物には魂が宿ると思ってる」彼女はドヤ顔で色々と矛盾した言葉を発した。僕は耳を傾けて、ついでに首まで傾げる。いきな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:漆黒の闇に包まれし抜け毛 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:428字
基本的にあまり現実を見たくない俺は、自分の部屋のレイアウトを黒一色にしている。厨二病とかではなく、黒が何においても一番好きな色なのだ。このあいだ初めて俺の部屋に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:俺とぺろぺろ 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:557字
彼女が蔑んだ目で見ている。が、俺は無実だ。厳密に言えば過去の俺のセンスが悪い。いまは悪いとは思いたくないのだ。そうして名付けられた漆黒の闇を吸い取ったような毛玉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:私の地下室 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:716字
私の心には色んな部屋があり、中でも本音は地下室にあった。この部屋は対人用。あの部屋は家族用。そっちは恋人用。等々、使い分けできるように小さい頃から分別していた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:僕と惑星 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:688字
僕は渡邊 直哉(わたなべ なおや)という、極平凡な高校生である。体型は少しぽっちゃりしている、何処にでもいる男子学生だ。そんな僕はある日、惑星を見つけた。惑星の 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:簡単な海辺 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:856字
海なんて近くにないものね。と、藍海が口を尖らせる。発端は何気ない休みの予定についての会話だった。「そこそこ暖かくなってきたから海に行きたい」彼女の言い分である。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:人妻の独裁者 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:633字
泰原 粋(やすはら きよ)の母親である夏陽子(かよこ)は教育自体はそうでもないが日常の過ごし方に厳しい。粋に対してもそうだが、父の影澄(かげずみ)にも適応される 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:不思議な民話 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:776字
世の中にはどこもかしこ、不思議な話で溢れている。事実は小説よりも奇なり。意外と作り話よりも現実の方が不思議で彩られているのではないか、とすら思う。粋は小説を片付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:少女の14歳 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:906字
やれ受験だの何だのと、学校は忙しなく。受験の為に事前準備として塾に通ったり、家庭教師頼んだりと大変めんどくさい。休みの日には勉強しろと親は口うるさい。泰原 粋( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楡原ぱんた お題:絶望的な俺 必須要素:宇宙人 制限時間:1時間 読者:81 人 文字数:797字 評価:0人
八月十五日 海璃(なかあき かいり)は何度も危ない瞬間というものにぶつかってきた。否、何度も危ない瞬間が向こうから大型トラックを乗りこなしながら海璃に突撃してき 〈続きを読む〉