けたいしの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 2 1396字 698.0字 100.0%
30分 1 1597字 1,597.0字 100.0%
1時間 11 23154字 2,104.9字 81.8%
総合 14 26147字 1,867.6字 85.7%

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:僕の挫折 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:713字
面接で「これまで挫折した体験はありますか?」と聞かれても、「はい、あります」と答えてはいけません。と教えてくれたのは、生徒指導部の堀田先生だった。正解は「つら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:静かな年賀状 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1143字
マンション宛に、白紙の年賀状が届いた。表面も裏面も完全に真っ白、新品の年賀はがきだ。一つ妙なことと言えば、これも差出人・宛名ともに書かれていない白封筒に入れら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:戦争と喜び 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:3753字
◆ 私立供木学園高等学校には、開校以来40年間守られてきた伝統的校則が存在する。曰く、『全ての学生は、必ず部活動に所属すること』。「――でも、伝統だからと言って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:恋のエリート 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:683字
まさかこの日陰者の俺に、校内でビッチと名高い佐藤先輩と二人きりになる機会が来ようなどとは思ってもいなかった。緊張しすぎてめまいがする。横目で様子を伺うと、先輩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:走る血 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:886字
どろどろした液体が、ゆっくりと地を流れている。赤黒く、鉄臭い、――血だ。血が、地を流れている。あまりのくだらなさに内心失笑したが、体はぴくりとも反応しなかった 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:青い星 制限時間:1時間 読者:33 人 文字数:2028字
放課後、桜井が近づいてきて唐突に『走れメロス』を読んで来い、と言ってきた。返事も待たずに「じゃあ、部活があるから」と去ってしまったので、理由については見当がつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:ぐちゃぐちゃの真実 必須要素:子供 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:1549字 評価:2人
仕事帰りに路地裏をうろついていたら、路上で占いをやっていた。ぶすっとした表情の中年男性が、机に薄地の白い布を垂らしただけの簡素なセットを前に座っている。机の上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:興奮したネット 必須要素:ポルチーニ茸 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2350字 評価:0人
彼氏が魔法使いであるということを聞いたのが、もう半年前になる。この魔法使いとは、30歳を過ぎても童貞の男性のことではなく、科学とは全く異なる法則を利用した現象 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:清いババァ 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:2736字
放課後になって、今日はまっすぐ帰ろうか、はたまたどこか寄り道しようか、と考えながら荷物を片付けていたら、西山が近寄ってきた。「今帰り?」「そう」「なら暇だろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けたいし お題:そ、それは・・・ガール 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1597字
目が覚めると、12畳ほどの狭い部屋にいた。長い間寝かされていたのか、体がひどく強張っている。部屋は一面白で統一されており、照明の反射が目に痛かった。 部屋の中 〈続きを読む〉