クウの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 22 15480字 703.6字 100.0%
1時間 1 2242字 2,242.0字 100.0%
総合 23 17722字 770.5字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:クウ お題:紅茶と高給取り 必須要素:高校 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:649字
白磁のカップから湯気が昇っている。死んでいない紅茶だ。淹れたのは、もちろん目の前に座る男だろう。無精髭が生えている。それも丁度いい塩梅の無精髭だ。清潔ではない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クウ お題:限りなく透明に近い信仰 必須要素:400字以内 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:400字
やめて、やめてくれ。ああ、どうにか隠れることができた。足音はしない。俺の荒れ狂うような呼吸の音だけ。闇だ。闇が俺を隠してくれる。この洞穴だって、中は闇で満たされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クウ お題:凛とした酒 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:692字
「ジンゾウシュ、ってしってます?」安田の言葉に、私はああと返事をした。奴はそれを肯定と受け取ったらしく、持った麦酒をちゃぶ台に置いて続けた。「いやぁね、行きつけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クウ お題:絶望的な俺 必須要素:宇宙人 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:2242字 評価:0人
「おとーしゃん」小さな、紅葉のような手だ。私は、そっとその肉厚な手を握った。柔らかい。「ほら、お団子」その紅葉の中に、黒光る丸があった。正露丸ほどの、なにか、白 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クウ お題:愛と憎しみの壁 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1479字
やあやあ、ほれ、どうか足をおとめなすって。ええ、ええ、違います。宗教とかマルチ商法とか、そんな悪どい勧誘なんかではありません。失礼な。......いやはや、こち 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:クウ お題:小説家たちの四肢切断 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1114字
小瓶を海に流す。それが僕の仕事だ。楽そうだという人がいるかもしれない。かもしれない、じゃなくてきっといるだろう。変な仕事と笑う奴も多数を占めるだろうか。僕だって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クウ お題:おいでよ何か 必須要素:弾丸 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:668字
体の自由が効かない。腕に、何かしがみついている。最初に浮かんだのは拘束具。矯正ギプスがまとわりついているのだ。けど、そのしがみついているものは嫌に柔らかかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クウ お題:昼間の兄弟 必須要素:漆黒の翼 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:529字
「ラチェットプリーズ」「あらよ」軽やかなループを描き、僕の投げたネジ回しはスドウの手に収まった。投げてから、少々鳥肌が立った。「あと、どれくらい?」「おそらく3 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クウ お題:過去のぐりぐり 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:729字
瓦礫の山が見える。邪魔だなって思うけど、まだ使うべきじゃない。辺りは煙が回遊する魚みたいに立ち込めていて、とても清々しいとはいいがたい。看板、意味を無くした電信 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:クウ お題:昔の少数派 必須要素:九州 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:577字
匂いがした。土の匂いだ。甘いとかいい匂いだとか、そんな表現は似合わない。記憶にあるものとも違う。そんな漠然としたものは現実の前ではすぐに崩れる。今ここで鼻腔をか 〈続きを読む〉