afternoon runnnerの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
30分 41 32813字 800.3字 34.1%
1時間 1 1451字 1,451.0字 0.0%
総合 42 34264字 815.8字 33.3%

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:灰色の同情 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:880字
「悲しいかい」 小さな森の中でひとり。膝をかかえて、寒い日の猫みたいに丸くなって、あたしは泣いていた。 いつだったか思い出せない、それでも針のように鋭くとがっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:今日のゲストは秋雨 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:708字
一匹の狐が傘を差して交差点の真ん中でぽつんと佇んでいる。 漆に塗られた傘を肩に乗せ、何かを考えるようにあごをしゃくる。 細い雨粒が傘を優しく叩く音と、その合間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:朝の怒り 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:844字
「どうしてアンタはいつもいつも!」 またか、と思った。ごはん茶碗が飛んできて、額ににぶい痛みが走る。 うんざりした顔で、私は正面に座っているお母さんを、悲し気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:薄汚い哀れみ 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:862字
銃口が冷たい眼差しを俺に向けている。 「その程度かい、愛弟子」 口の端をニィっと吊り上げ、拳銃を構える男が言った。 「もっと期待してたんだがな、残念無念だよ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:何かの殺し屋 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:858字
オレンジの飴玉を溶かしたような透き通る夕焼け空だった。 河川敷の、誰もいない野球場を見ながら、俺はベンチに座って空を見ていた。右手の人差し指と中指の間には吸い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:捨てられた地下室 必須要素:全力のグロテスク 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:846字
グチャグチャという粘り気の混ざった不快な足音が聞こえる。少し離れたところで、恰幅のいい大男がいそいそと歩いているのが見える。医者が手術中に着るような薄緑色のエ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:夏の妻 必須要素:出会い系サイト 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1451字 評価:0人
夏の人妻ほどいいものはない。大学の友人であるサイトウは言ってた。 うなじから首元へ流れる汗、透けてはりつく服、くっきりと浮き出る体のライン、暑さも忘れてベタベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:鈍い絶望 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:699字
無様に逃げ回るので精一杯だった。 勢いよく近くの岩陰に潜り込む。瞬間、先ほどまで自分がいた場所に、勢いよく猛火が放たれる。回避があと少しでも遅れていれば、自分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:昨日の宇宙 必須要素:ラー油 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:907字
――さて。 神は考える。人間がいくら哲学を極めても、到底達することのできない、現世界とは概念すらかけ離れた場所で、神は考える。神には、観測できるような実体とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:春の平和 必須要素:下駄箱 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:804字
春の風が吹いた。 窓際に座って読んでいた本が、ハラハラと揺れる。 顔を上げて外を見る。広く澄み渡っている青さの空。電気を点けていない薄暗い六畳間と比べて、とて 〈続きを読む〉