ばんくの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 11 7802字 709.3字 100.0%
総合 11 7802字 709.3字 100.0%

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:神の経歴 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:874字
おほん。最初に言っておこう。私は現在、死んでいる。 死んでいるのに何をしているのかって? ふふ、教えてやろう。なんと人間死ぬと魂になって天界に上がる。それは本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:求めていたのは蟻 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:688字
二人の男が話し合っている。「それで、蟻の巣は見つかったのか?」「はい、空からのドローンでの偵察。加えてソナーを使い、ようやく発見しました」「ふむ。ようやく…… 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:綺麗な目 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:701字
クリスマスの夜。私は、とある家に仕事の都合でお邪魔することにした。私の仕事は人に見つかってはならない部類のモノである。正面玄関から堂々と入るなんてことはナンセン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:見憶えのある水たまり 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:528字
僕には、ここ三年よりも前の記憶がない。警官という職業上、ある事件に巻き込まれてしまったらしい。だけど存外、記憶喪失というのは大変なものではない。僕は記憶はないけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:ひねくれた許し 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:796字
ゴクリ。溢れてきた唾を飲み込む。腕は震え、呼吸もいつものようにはいかない。目の前には、体育職員室がある。俺は今から、この脳筋の巣窟に入りそして謝罪しなければな 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:彼と夕日 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:653字
私には一人、とても困った息子がいる。今日はそいつの事を皆さんに相談したい。彼――私の弟はそうは言っても、そこまで問題のある人間ではない。今では大手の商社に勤務し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:やわらかいカリスマ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:861字
私は大人気な国民的なテレビ番組、プロジェクトサックスにディレクターを任されている。そんな私の双肩にかかる期待の重圧は半端なモノではない。私は局と、そして私と、私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:遅い狂気 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:860字
やぁこんにちは。隣いいかな? バスを待つ間、かなり暇なんだ、話相手になっておくれよ。うん、ありがとう。こんな田舎に君はどうして来たんだい? ふむ、観光。なるほど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:贖罪の整形 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:603字
狭い部屋に二人の男がいる。片方は生真面目に制服をきっちりと着た中年。どうやら警察官らしい。もう片方はラフな格好の若者。こちらの若者は神妙そうな顔で俯いていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばんく お題:振り向けばそこに空想 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:643字
自宅への帰宅中。 このド田舎にある家路は、どうにも暇すぎる。 駅から自宅までの三十分。何もすることもなく、ただただ丸で同じ田んぼ道を眺め続けるしかない。 そん 〈続きを読む〉