akariの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 4 2118字 529.5字 50.0%
30分 42 26214字 624.1字 42.9%
1時間 2 1688字 844.0字 50.0%
総合 48 30020字 625.4字 43.8%

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ダイナミックな外資系企業 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:545字
うちの会社は非常にアグレッシブだ。 調子のいい会社があるととりあえずM&Aを持ちかける。競合他社が現れるとあの手この手で裏工作をして潰そうとする。まるでヤクザ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
裏の裏 ※未完
作者:akari お題:裏切りの大学 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:632字
大学という場所は信用ならないものでいっぱいだ。 念仏のような退屈極まりない講義。どこに連れていかれるかも分からない怪しげな勧誘。愛想のない杓子定規の事務員。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:夜の「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:564字
人が寄り付かない夜の森。そこでは動物たちの柔道大会が行われていた。 ほい。とりゃ。とお。「今日も景気よく飛んでるなぁ……」「これで何匹目?」「分かんないよ。少 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:俺と汁 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:635字
一宿一飯の恩は忘れない。その言葉が俺の原点だ。 旅の途中、金も食料もなくなり行き倒れ寸前だった俺は、偶々出会った老夫婦に命を救われた。その時に飲ませてもらった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
逃げて忘れて ※未完
作者:akari お題:くさい消しゴム 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:587字
これは昔の話だ。 私の家の近くに寂れた佇まいの文房具屋があった。それだけであればよくある店として片付けられてしまうかもしれない。ただ、そこは消ゴムしか売ってい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:akari お題:アルパカの船 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:386字
白。白。白。視界に入るのはそれだけだった。 まるで雲の中にいるような船内。空間全体を柔らかそうな毛玉が包み込んでいる。床も右に同じで、地面を踏んだ感触がしなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:未来の妻 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:583字
「私、あんた嫌いなのよね」「僕もあんま得意じゃないな」 昼休みの屋上。僕らはそんなことをぼやいていた。「なのに、なんであんたが許嫁なんだろ」「僕に言われても。文 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:ゆるふわ愛され小説 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:494字
ある有名アーティストと売れっ子小説家がタッグを組んだ。飲み会の席で意気投合した彼らは二人で一つの作品を作り上げることにしたのだ。 それを聞いた大衆は最初、昨今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:うわ・・・私の年収、挫折 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:562字
年収いくら? 口を開くと大抵出てくるのはそんな質問だ。酒の席では特に多い。正直言って、うんざりする。金でしか人の価値を計れないのだろうか。 確かに私はいつも仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:刹那の娘 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:602字
雨の中、僕はベンチで一人うなだれている。ここずっと晴れが続いていたというのに、こんな時に限って雨になるとは。 ーー幸先が悪すぎる……。 僕はここを待ち合わせ場 〈続きを読む〉