DDTの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 276 117685字 426.4字 81.5%
総合 276 117685字 426.4字 81.5%

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:ゆるふわな社会 必須要素:太宰治 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:343字
サークル活動は病んでいた。世界一周の末マレーシアに半年居ついていた男、田所が休学を返上して戻ってきたのだ。ただでさえ女子の多いこの地方都市駅前大学だが、サークル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:今日のゲストは大雪 必須要素:ステマ 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:362字
モニター画面が途切れるように、ぷつんと真っ暗になった。「ええ?」夏休み、真昼間のおしゃれカフェのテーブル席。道に面したはめ込みのガラス窓には、ロールスクリーンの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:恥ずかしい事故 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:402字
夏の思い出作りに繰り出した。いつもの悪友、腐れ縁のトシローと一緒である。お盆が開けて急に涼しくなってきたので、近視眼のトシローは焦っているようだった。「海にゃ入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:暑いぺろぺろ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:465字
「ちはーーー」「……」「ゆうちゃん」「……」「あいさつもなしかい!」「……」「わざわざおめえの彼女がド田舎のディーゼル車輛乗り継いできてやったのにさ」「いや暑い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:哀れな微笑み 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:363字
夏休みのキャンプ地で写真を拾った。不法放棄ゴミの中にあったものらしい。おそらく接近した台風のせいで飛ばされてきて、うちの車のフロントガラスに張り付いたのだ。半分 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:帝王の笑顔 必須要素:サスペンス 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:469字
三十年ぶりだった。ドアを開けた時の彼の顔が、オレの頭に刻み込まれて、あれからひと時も離れない。激しい驚きと恐怖で中心からぐにゃりと歪み、池の波紋が元に戻るように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:未来のダイエット 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:418字
本日のネット講義は「もし食べることに罪悪感を抱いたら」だった。わたしは気乗りしないまま、ソファに寝そべってだらだらと端末を眺める。講師の口から出る言葉は端から端 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:ありきたりな悪 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:497字
つぼみがふくらんで今にも咲きそうだった花が首元からぽきんと折られていた。朝、犬の散歩のときにみつけて楽しみにしていたのに。しょんぼりした。猛暑を潜り抜け、夕方に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:絵描きの流刑地 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:579字
ある朝目が覚めたら猛烈に絵が描きたくなって、紙がないから壁に描いた。インクがかすれかけたボールペンで、ちまちまちまちま描いた。いつまでも部屋を出てこないから、心 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:僕の嫌いな排泄 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:387字
軒先に座りわたしはずっと考えていた。通りで怒りをぶちまけ声高に主張する人を。それはわたしの父だった。ご近所でのトラブルや警察沙汰は毎度のこと。世間話の内容でも気 〈続きを読む〉