DDTの即興小説

制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 194 81902字 422.2字 87.1%
総合 194 81902字 422.2字 87.1%

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:ちっちゃなサーカス 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:387字
ヘッドホンからは電子音のようなかすかなノイズが断続的に流れてくるの。集中して耳をすまし神経を尖らすけれど、いつまでたっても意味のある音は聞こえてこない。確かにメ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:見憶えのあるフォロワー 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:378字
「このアイコン、オレが描いたやつやん。」塩沢は独特の絵を描く。かなり奇妙で気味が悪いので私は正直苦手なのだが、本人には伝えていない。塩沢には塩沢の世界があって、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:私の解散 必須要素:三島由紀夫 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:538字
今日のステージは栃木県のはしっこにあるイオンだった。みさきは昨夜からお腹が痛かった。そんな遠くの知らない町まで行きたくないのと、アイドル活動がいい加減負担になっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:傷だらけのアルパカ 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:425字
みさきが言った。「アイドルになりたいと思うのは自由だよね」ユリが言った。「じゃあアイドルになれないと思うのは不自由か?」さゆみが言った。「アイドルになれるひとと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:小説家の風 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:502字
先日父方の祖父が死んだ。ゆうことゆうきの姉妹は、母親に頼まれて片付けに出向いた。祖父の三郎は、ベランダにむりやり簡易シャワーを取り付けた六畳のアパートに住んでい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:DDT お題:うへへ、多数派 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:367字
いつでもマイナーであることを誇ってきた。逆張りが基本。子どもの頃はへそ曲がりと呼ばれたが、何を言われているかさっぱりわからない、といつも思っていた。と彼氏は言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:安い豪雨 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:423字
バッティングセンターでカツアゲにあった。あんな場末のすさんだところ、行かなきゃよかった。でも昨夜突然、明日親戚が来るって聞いて。いったん来たら一家そろって昼飯夕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:夜と悲劇 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:336字
今夜も銃声が聞こえる。初めは何の音かわからなかった。通りがかりの車でもパンクしているのかと思った。遠くから小さく反響を得ながら、高めの乾いた破裂音が響くのだ。オ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:強い墓 必須要素:難解な設定 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:333字
世界異種混合格闘技戦2050。チャンピオンの賞金は、日本円で約150億円。そして副賞は、前方後円墳と見まがう巨大な墓だった。墓の前門には、勝者の名前と業績を刻む 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:初めてのアルパカ 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:411字
「おはようございまーす」駅前でアニメっぽい声のかわいい子がチラシを配っていた。通勤時間を過ぎた平日の午前中なので、人通りは少ない。オレは親子連れのサイドを攻めて 〈続きを読む〉